スピニングリール・下巻きをスプールにピッタリ合わせる方法

スピニングリール・下巻きをスプールにピッタリ合わせる方法

今回は、スプールの下巻きについて。

新しく購入したラインをリールへ巻く際、浅溝タイプのスプール以外は”下巻き”を行い、かさ上げしてから巻き始める事になります。

釣具屋さんでラインを交換する場合、同時に下巻きもお願いすれば、許容範囲内で巻いてもらえますし、リールによって簡単なマーカーがあったり。

下巻きについて
糸巻き量の説明書

下巻き目安ライン
下巻きの目印

また、シマノの公式サイトでは『糸巻量計算ツール』があり、必要項目を埋めれば、下巻きとしての必要な長さを計算できます。

ただ、使用するラインによって号数の定義もマチマチですし、今回は現物合わせで下巻きピッタリに収める方法を書いてみます。

スピニングリールの下巻きに必要な道具

今までの経験上、釣具屋さんで下巻きを依頼しても大差無いのですが…。自分でスプールぴったりに巻くと、投げていて気持ちが良いような…。

なので、基本的には今回の現物合わせで巻いています。

一度巻いてしまえば作業頻度も少ないですし、ライン径を変更した際の微調整で済むかと。一応、作業に必要な物や、あると便利な道具をリストアップしておきます。

リールとロッド

リールとロッド

通常のライン交換で使用する、ロッドとリールのセット。ロッドに関しては、リールを装備するグリップ部分と、バットガイドの付いている物のみ。


新品と使用済みケース

空スプール(使用済みケース)

ラインを移し替える工程があるので、使い終わった後の空スプールがあると便利。もし用意出来ないのであれば、大きめのペットボトル等で代用可。


下巻用のライン

下巻用のライン

下巻きに使用するラインは、安価な物で問題無いと思いますが、極力細めで馴染みの良い物を選び、下巻き部分の凹凸が大きくならないように気を付けています。


インパクトドライバー

インパクトドライバー

ライン交換の時や、他のスプールへラインを移し替える際、あると便利なのが”リサイクラー”のようなアイテムです。

高速リサイクラー2.0
新品ラインの巻き取りから空スプールへの巻き替えが簡単ラクラク!
単体スプールと連結スプール用にショート・ロング2種類のシャフトを装備。

ただ、巻取りには多少のコツが必要になりますし、使用頻度が少ない場合は”インパクトドライバー”でも代用できます。

インパクトドライバーと空スプールに関しては、必須という訳ではありませんが、あると便利ですし作業も捗ります。

工程1・PEライン(道糸)から巻き付ける

必要な物が準備できたら、まずはPEライン(道糸)をスプールに結束し、通常のライン交換と同じように巻いていきます。

その際、湿らせた布やタオル等でテンションを掛けながら、通常の交換と同じチカラ加減で作業を進めて下さい。

PEラインの巻き付け
PEラインを巻く

PEラインを巻き終えれば、ラインの端をマスキングテープで仮止め。

この工程で掛けたテンションと同じ力で巻き直す事になるので、強すぎず弱すぎず、いつもと同じ感覚で巻くのがポイントです。

工程2・下巻き用のラインを巻き付ける

マスキングテープでの仮止めが終われば、下巻き用のナイロンラインを準備し、巻き終えたPEラインの上から結束。

後は、PEラインと同じように、適度なテンションを掛けながら、スプールのラインキャパに対して、適量になるように巻いていきます。

下巻き用ラインの巻き付け
下巻き用のライン

この工程で、ナイロンラインを巻きつけた分量が、最終的なラインの巻き付け量となるので、スプールから溢れないよう、適切なマージンを確保してストップ。

下巻き用のラインを巻き過ぎると、最終的にはPEラインを余らせてしまう事になるので、注意が必要になります。

また、スプールのキャパを超えて巻きつけてしまうと、釣行時のライントラブルにも繋がります。上記の記事を参考に、適切な糸巻き量に調節して下さい。

工程3・ラインを別の物へ巻き替える

下巻きとなるラインの巻き付けが終われば、使い終わった後の空スプールを準備し、下巻きラインからPEラインの順に移し替え。

この時、空スプールが余分に無い場合は、ペットボトル等で代用可能ですが、ラインが複雑に重ならないよう、丁寧に巻き付けて下さい。

スプールからラインの巻取り
ラインを抜き取る

私の場合、インパクトドライバーにティッシュを巻き、回転速度を適度に調整しながら、ラインを均しつつ巻き取っています。

※ラインを移し替える場合、同じ場所で巻き続けていると、その部分にだけラインが集中し段差になるので、左右に動かしながら作業を進めて下さい。

工程4・スプールへ巻き付け完了!!

空スプールへ、PEライン(道糸)と下巻きの移し替えが終われば、今度は”下巻き”からリールのスプールに巻き直します。

下巻きを移し替えたら、セロテープやビニールテープで端を止め、その上からPEラインを結束し、通常のライン交換と同じ要領で巻き付ける。

通常通りラインを巻き付け
ラインを巻く

スプールにピッタリ!!
スプールにラインがピッタリ収まる

今までの工程で、使用されているリールに対し、ピッタリの糸量になっているので、先程と同じチカラ加減で移し替えて下さい。

PEラインが余るなら、余分な部分はカットし、次回のライン交換時に下巻きの量を若干減らす。少ないようであれば、増やす。といった微調整を行えば良いかと。

下巻きリールに合わせる方法・まとめ

今回は、下巻きの糸量を計算せず、現物合わせで調整する方法を書いてみました。リールを新調した時は、この方法で下巻きを調整しています。

文章で書くと難しく感じるものの、作業自体はいたってシンプル。

リールを買ったら下巻きから
下巻きが必要

下巻き調整の手順

  1. PEラインをスプールに巻く
  2. PEラインの上に下巻き用ラインを巻く
  3. 適切なライン量でストップ
  4. 空スプールに下巻き用ラインを移し替える
  5. 空スプールにPEラインを移し替える
  6. スプールに下巻き用ラインを巻く
  7. その上からPEラインを巻く

要は、スプールとラインに合わせ、実際に確認しながら下巻きする感じ。

通常のライン交換よりは、少しだけ手間の掛かる作業になってしまいますが、自分で好きなように調節する事が出来ますし、一度巻いてしまえば殆ど弄る事も無い。

どのみち、メンテナンスで短くなってしまうものの、釣具屋さんに任せっきりにするよりは、楽しみが増えるような気がします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「テクニック」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

テクニック』の前後記事

また、10月19日現在「シーバス釣り」には「 87件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

スピニングリール・下巻きをスプールにピッタリ合わせる方法
この記事が気に入ったら
『いいね!』&『フォロー』




シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『シーバス釣り』の新着記事

『テクニック』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※10月19日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。