簡単に石膏ボードの下地探し!針式『どこ太 Basic』で柱を調べる方法

簡単に石膏ボードの下地探し!針式『どこ太 Basic』で柱を調べる方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、手早く石膏ボードの下地を探せるツールのご紹介。

少し前にアートフレームを壁へ設置しましたが、軽い物だったので石膏ボードの下地は探さず、ダイソーで買ってきたピンフックにて固定。

壁を傷つけない(ネジ穴を残したく無い)ため、細いピンで固定できる商品を選びました。※耐荷重が5kgまでなので、ディスプレイには使えますね。

ただ、今回はガッツリと固定する棚板を取り付けたいので、石膏ボードの下地を探すツールを準備。

使い方は簡単で、石膏ボードに先端を刺し込むだけ。手早く下地を探せたので、使い方や注意点をシェアしておきます!!

使い方は壁に刺して調べるだけ!!

現在の家に引っ越してきた当初、刺し込みタイプは壁紙に穴が開くのを嫌い、パソコンのマウスのような形をした下地センサーを購入。

実際に使ってみると、下地(柱)のある部分を音と光りによって教えてくれるので、石膏ボードや壁紙を傷つける事無く、ビスの効く下地を探すことが可能。

今回も、下地センサーで調べていたのですが、本体幅がネックとなり反応の怪しい部分があったので、物理的に探せる『どこ太 Basic』を買ってきました。

壁裏の間柱を簡単、確実に探せる石膏ボード用の針式の下地探しです。針は壁厚35mmまで使えます。マグネットは壁厚13mm、天井厚12mmまで使えます。

今回は、石膏ボード裏の金属も探せる『マグネット付き』をチョイス。※この他にも25mm~45mmまで様々なラインナップ有り。

針式『どこ太 Basic』の使い方

実際に下地を探す方法は簡単で、調べたい場所に”どこ太”を押し当て、後はググっと力を入れて突き刺すだけ。

その部分に下地が居れば、刺し込んだ針が途中で止まるし、下地が居なければスカっと奥まで刺さります。

下地探し どこ太 Basic 製品紹介

ちょうど、公式ページに使用方法の動画があったので掲載。

上記の動画を見れば百聞は一見にしかずですが、こんな感じで調べたい部分に刺し込むだけの簡単作業です。

※かなりアナログな手法ですが。

どこ太を使って実際に下地探し!!

今回は、壁に棚板を設置したいので、棚柱を固定する下地を探しました。

前項でも書いた通り、使い方は簡単。棚柱を設置予定の部分にググっと押し込むだけ。※事前に下地センサーでアタリは付けてあります。

ググっと刺し込むと…
下地があると止まる

ピタっと止まる!!
石膏ボードの下地探し

一応、扉の周りという事で、下地の入っている可能性は高かったのですが、これで確信を持ってビスを打つ事が出来ます。

一方…
針を壁に差し込む

下地が無い場合は、こんな感じでスカっと奥まで刺し込めてしまいます。

実際にビスを打ってスカスカの場合、アンカーを打ってしまえば効かせる事は出来ますが、思いのほか大きめの穴が空いてしまうので、事前に下地の位置が分かると助かりますよね。

どこ太を使う時の注意点!

下地センサーだと探りきれないような小場所でも使える、針式の”どこ太 Basic”ですが、実際に使ってみると二点ほど注意したい項目が。

1つ目の注意点は、引っ越し当初嫌っていた通り、石膏ボードと壁紙に小さな穴が空いてしまう事。

実際の穴
小さな穴が開く

下地を探そうとランダムに刺し込むと、アチコチに画鋲を刺したような穴が…。

なので、まずは壁を叩いてアタリを付けたり、マグネットの反応する場所を探し、その周辺から下地探しを始める。

もう一点は…
目盛りで深さもわかる

コレ!!
くの字に針が曲がる

目盛りが戻らないと思ったら、ニードルがくの字に曲がっていました。

目線の高さ程度であれば、まっすぐ刺し込み真っ直ぐ抜き取る事が出来ますが、高所や手を伸ばして作業ではニードルが曲がってしまう事も。

※こういった事態のため、ニードルのスペアが1本付属していますし、消耗品として”替針”も販売されています。

石膏ボードの下地探し!まとめ

今回は、針を刺して石膏ボードの下地を探す、針式”どこ太 Basic”を紹介してみました。

以前書いた”下地センサー”とは違い、針を刺し込み物理的に下地を探すツールですが、センサーだけでは確証が持てないケースで活躍してくれるかと。

一方、先程も書いた通り、刺し込んだ部分に小さな穴が空いてしまったり、無理な体勢で使用するとニードルを曲げてしまったりと、若干の注意点も有り。

説明書
下地探し どこ太 Basic説明書

説明書の裏には、スペアニードルの交換方法も記載アリ。

下地を探れるからと言って、無闇矢鱈に使うと穴だらけになってしまうので、下地センサーや壁コンコンなどで間柱のアタリをつけ、その部分に刺し込むのが無難かと思います。

兎にも角にも、石膏ボードの下地を探るようなDIYをするなら、一つは持っていると便利なツールだと思います!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「生活」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!



また、2月1日現在「ライフ」には「 91件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:『』|Posted By


『ライフ』の新着記事『生活』の人気記事『当ブログ』の新着記事
コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。