【超便利】ダイソーの餃子包み機『かんたん餃子』の使い方!

【超便利】ダイソーの餃子包み機『かんたん餃子』の使い方!


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、とっても便利な餃子包み機をご紹介!!

我が家の子供達は、餃子が大好物。最近は、冷凍の『王将の羽付き餃子』が定番になっており、冷凍庫には常にストックがある状態。

冷凍の状態で水溶き片栗を纏っており、そのままフライパンに乗せて焼けばパリっと焼き上がる。この手軽さ、凄い企業努力ですよね。

王将の羽付き餃子
王将の羽付き餃子

そんな我家の餃子事情ですが、以前から「餃子を作りたい!」と言っていた子供達も居るので、正月早々餃子パーティーをする事に。

その際、便利な道具は無いものかと探したところ、ダイソーの『かんたん餃子』というアイテムが超絶便利だったので、レビューと使い方をシェアしておきます!!

100円ショップ・ダイソーの餃子包み機

自宅で餃子を作る際、一番のネックになるのが餡を皮で包む工程。

餃子の餡はサクッと出来るものの、その後の地味な作業労力を考えると、冷凍で良いかと思うようになっていました。

なので、この工程を簡単に出来る商品を探したところ、100円ショップのダイソーにて『かんたん餃子』というアイテムを発見!!

かんたん餃子
100円ショップ・ダイソーの「かんたん餃子」

開封!!
ダイソーの「かんたん餃子」を開封

ギザギザの付いた円パーツに、ハンドルが付いています。

どうやら、このギザギザの上に餃子の皮を乗せ、餡を置いてからハンドルで包み込むといった工程のようです。

ついでに…
ダイソーで買った絞り袋

餃子の餡を乗せる際、『絞り袋』があると便利なので、かんたん餃子と一緒に購入しておきました!!

餃子のレシピ(約75個分)

かんたん餃子の使い方を書く前に、今回作った餃子のレシピを残しておきます。

基本的に、餃子は色々とアレンジが効くので、冷蔵庫の中に残っている食材を入れても良いですし、好きな具材を使えば良いかと思います。

今回は、キャベツ(白菜でも可)とニラ(ネギでも可)を中心に、餃子の餡を作ってみました。

餃子の材料
餃子の材料

餃子の餡

  • キャベツ … 1/2個
  • 合挽き肉 … 300g
  • 豚挽き肉 … 150g
  • ニラ … 1袋
  • 生姜 … 1カケ
  • ニンニク … 1カケ
  • 餃子の皮 … 大判

味付け

  • 創味シャンタン … 大さじ1
  • 醤油 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ1
  • 料理酒 … 大さじ1
  • 味の素 … 少々
  • ごま油 … 大さじ1(後入れ)

餃子のレシピ

  • 1.調味液を作る
    ごま油以外の『味付け』項目を一つの器に計り、電子レンジで軽く温め創味シャンタンを溶かしておく。※熱々にしないよう注意。
  • 2.具材をカットする
    ボールに入れた餃子の材料
    キャベツとニラは細かく刻み、皮を剥いた生姜とニンニクはすりおろし、挽き肉と一緒にボールへ入れる。
  • 3.混ぜ合わせる
    味付けをして餃子の餡を練り込む
    具材を軽く混ぜ合わせ、ある程度馴染んだところで調味液を回し入れ更に混ぜる。具材の色が均一になったら、ごま油を回し入れ馴染ませて完成。
  • 4.絞り袋へ入れる
    絞り袋の先端をカット
    餃子の餡を絞り袋へ入れ、先端をカットして準備完了。※餡が出来上がった時点で緩いようであれば、冷蔵庫で15~30分ほど軽く休ませてから絞り袋へ。

    時間がある時は、餡を作ってから半日ほど冷蔵庫で寝かすと、味が馴染んで更に美味しくなりますが、ちゃちゃっと作りたい時はこんな工程で良いかと。

ダイソー『かんたん餃子』の使い方!

餃子の皮を包み始める前に、作業スペース(今回はテーブル)をアルコール消毒し、その上からラップを敷いておくと、快適に進める事が出来ます。

※今回の餃子だけでは無く、サンドイッチ等をまとめて作る時にも便利です。

準備完了
テーブルにラップを敷いて餃子を包む準備

冷蔵庫で休ませた餡も適度に締まったので、私は餡を絞る係に徹し、子供達二人に『かんたん餃子』を使って包んでもらいました。

『かんたん餃子』の工程

  • 1.餃子の皮をセットする
    餃子を包む小学四年生
    かんたん餃子の中心に餃子の皮を置き、軽く手で押しながら凹みに合わせて馴染ませる。※今回は大判の皮を使用。サイズはピッタリでした。
  • 2.餡を絞る
    餃子の餡を絞る
    中心部分の凹みに、ゆっくりと餃子の餡を絞ります。餡が硬いと繋がってしまうので、消毒したキッチンバサミ等を使うと便利です。
  • 3.水を塗る
    餃子の皮のフチを水で濡らす
    餃子の皮のフチに水を付けます。※今回は指で行いましたが、数量の多い時や友人達と食べる場合は、ハケ(シリコン製)を使うと良いです。
  • 4.かんたん餃子のレバーを閉じる
    餃子包み機を閉じる
    餃子の皮のポジションがズレていないか確認し、レバーを閉じて餃子の皮を圧着する。※その際、中に詰める餡が多すぎるとハミ出し、少な過ぎるとスカスカになるので、様子を見ながら量を調整して下さい。
  • 5.キレイな餃子が完成!
    数秒できれいな餃子が完成
    約5秒ほど圧着し、レバーを戻すとキレイな餃子の出来上がり!!※写真のように、ハミ出さないものの、中身がパンっと詰まる餡の量が最適かと思います。

餃子の焼き上げレシピ

  • 1.水溶き片栗粉を入れる
    水溶き片栗粉を流し入れる
    フライパンを軽く熱し、少量の油を敷いたら餃子を並べ1分ほど焼く。軽く焼き目が付いたら、水溶き片栗粉を回し入れ、蓋をして2分ほど蒸し焼きにする。
  • 2.水分を飛ばす
    蓋を取って水分を飛ばす
    餡に火が入ったら、フライパンの蓋を取って水分を飛ばす。※この時、油はねガードがあると、コンロ周りもベトつかず便利です。
  • 3.表面を焼く
    餃子をヒックリ返す
    水分が飛んだら餃子をヒックリ返し、30秒~1分ほど表面を焼きます。
  • 4.手作り餃子の完成!!
    パリッと餃子の完成!!
    お皿に盛り付けて完成。市販の餃子のタレでも良いですし、ポン酢を掛けても美味しく食べられます。パリッと羽付きで美味!!

簡単に綺麗な餃子を包むコツ

前項のように、かんたん餃子は「誰でも簡単すぐ出来る!」といった感じで、70個以上の餃子もあっという間に包み終わりました。

一方、色々と微調整を行いながら包む中、綺麗な形に仕上げるための、ちょっとしたコツを見つけたのでシェアしておきます。

皮を凸凹に馴染ませる

餃子の皮を乗せる
餃子の皮をセットする際、できるだけ円の中心に置き、かんたん餃子の凹凸に馴染ませておくと、仕上がりのヒダが綺麗に作れるように思います。

餡は平べったく盛る

餃子の餡は凹みに合わせる
かんたん餃子の凹凸に合わせ、餡を平面に絞ると仕上がりが綺麗です。※使い方の写真のように、お団子型に盛ると閉じた時に隙間が出来る事も。

圧着は5秒程度で十分

餃子の皮を圧着する
餃子の皮を圧着する際、それほど力を入れず、5秒程度合わせれば綺麗に接着します。※変に力を入れると、下部に隙間が出来たりします。

ダイソーの餃子包み機・まとめ

今回は、餃子を包む際に超絶便利な、ダイソーの『かんたん餃子』をご紹介。実際に使ってみると、今までの餃子包みの苦行は何だったのかと思えるほど。

店内をウロウロしていて、偶然見つけた商品ですが、手作り餃子には必須のアイテムとなりました!!

二個購入!!
ダイソーの「かんたん餃子」を二個購入

これと絞り袋を買っても、500円以下という凄さ…。

文中でも書きましたが、餃子の餡を作るのは嫌いでは無いものの、その後に待っている包む工程を考えると気が遠くなり、手作り餃子は避けていましたが…。

この『かんたん餃子』があれば、自家製の手作り餃子も出番が増えそうです。

使用風景

本当に便利!!
餃子を大量に包む

冬休みで家に居た子供達と一緒に作りましたが、約70個の餃子を包むのに、所要時間は15分程度。※兄弟二人で分けっこ。

更には、誰が包んでも綺麗に仕上がりますし、大量に作れるので冷凍でストックも可能。

兎にも角にも、自家製の手作り餃子には必須アイテムといった感じ。餃子の皮を包むのが面倒な皆様、ぜひ一度お試し下さいませ!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「グルメ」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!



また、8月11日現在「ライフ」には「 88件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:『』|Posted By


『ライフ』の新着記事『グルメ』の人気記事『当ブログ』の新着記事
コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。