六甲山のアスレチック!全コース紹介と体験レビュー!!

六甲山のアスレチック!全コース紹介と体験レビュー!!

シェアして頂けると嬉しいです!

今回は、六甲山のフィールドアスレチックについて。

小学校がお休みだったある日。長男君に何をして遊びたいかと尋ねてみると、「アスレチックに行ってみたい!!」と即答。

そういう事であればと、次男君を幼稚園に送ってからサッと用事を済ませ、関西でも有名な『六甲山フィールドアスレチック』へ行ってきました!!

六甲山カンツリーハウスの駐車場に到着!
六甲山カンツリーハウスの駐車場に到着

歩いてアスレチックへ!!
歩いてアスレチックへ!!

入り口!!
六甲山フィールドアスレチックの入り口

西宮市街からもスムーズに進み、40分ほどで六甲山上付近に到着。アスレチックの駐車場を通り過ぎ、六甲山カンツリーハウスの駐車場を利用。

長男君にとって、初めてのアスレチックとなりますが、予想以上に頑張り、小学校高学年~大人向けの『チャンピオンコース』を8割がたクリア出来ました。それでは、アスレチックのコース紹介や、体験レビューを書いてみます!!

六甲山フィールドアスレチックの駐車場について

西宮側から上っていくと、六甲山カンツリーハウスの少し手前、防護ネットのある辺りにアスレチックへの入り口があります。

今回、アスレチックの看板には気がついたものの、車が入れる(駐車場が併設されている)とは思わなかったので、六甲山カンツリーハウスまで進みましたが、通路を進んでみるとソコソコの駐車スペースがありました!!

駐車場入り口
六甲山フィールドアスレチックの駐車場入り口

六甲山フィールドアスレチックの駐車場
六甲山フィールドアスレチックの駐車場

六甲山カンツリーハウスに駐車してから、アスレチックまでは歩いて戻りましたが、子供の足で10分前後と思った以上に距離がある感じ。

アスレチックの後は、カンツリーハウスにて遊ぶ予定だったので、特に気にする事無く歩いたものの…。この距離であれば、アスレチックの駐車場を利用し、カンツリーハウスへは車移動で向かうと良いかも…。※または東入り口を利用するか。

アスレチックの受付けについて

アスレチックが利用できるのは、春から晩秋といった感じで、冬場は休業となっています。※雨天や悪天候など、コンディション不良の場合は、中止になる事もあり。

木曜日が定休となっていますが、季節によっては営業されている事もあるので、ご利用前に『六甲山フィールドアスレチックの公式サイト』を確認し、当日の営業状況や天候など、状況をチェックされてから出掛ける方が良いです。

いざアスレチックへ!!
頑張ります!!

アスレチックのマップ
アスレチックのマップ

受付の建物
受付の建物

六甲山フィールドアスレチック
六甲山フィールドアスレチック

雨が降った翌日などは、フィールドコンディションが良く無いため、休止となっているポイントもあるので、チケット購入時に確認しておいて下さい。

入場料と営業時間
入場料と営業時間

チケットを購入
チケットを購入

この日は、1番目のポイント『エコロジカルランニング』が休止となっていました。

また、アスレチックのコースに入ると、スタッフさんに出会う事は無いので、分からない事などがあれば、受付に居るスタッフさんに聞いておいた方が良いかと。

アスレチックの準備と持ち物について

実際に体験してみて思った事ですが、子供のペースでゆっくり周ると、戻って来るまでに1時間半から2時間ほど掛かるので、準備を整えてからスタートした方が無難。

アスレチックのコース中には、トイレや自動販売機が無いので、受付けを済ませた後は、トイレや水分の購入を済ませておくと安心。

トイレは済ませておく!!
トイレは済ませておく

自動販売機もここだけ!!
自動販売機もここだけ

また、アスレチックにチャレンジしている最中、「あった方が断然良いだろう…」と必要性を感じ、受付けの売店まで慌てて買いに戻ったのが…。

軍手!!
軍手

売店での販売物
売店での販売物

ロープ系のチャレンジが多いので、やはり軍手は必須アイテムかと。

軍手の他に、タオルや靴下なども販売されていますが、事前に準備しておくと良いですね。ズブ濡れ系のチャレンジは殆どありませんが、万が一の着替え等もあると安心かも…。※ただ、一緒に周るので、荷物になるのが難点ですが…。

六甲山フィールドアスレチック!コース紹介とレビュー!!

アスレチックのコース設定は2通りで、小学校高学年~大人向けの全40ポイント制覇を目指す『チャンピオンコース』と、幼稚園~小学校低学年向けに半分の20ポイントクリアを目指す『チャレンジコース』があります。

ただ、コースの違いによって順路が分かれる事は無いので、「チャンピオン」「チャレンジ」とこだわらず、出来そうな物を楽しめば良いかと。

スタート地点
1番からスタート

エントリー用紙
エントリー記入用紙

必要事項を記入!!
エントリー用紙を記入して

スタート!!
いざスタート!!

準備が整った後は、いよいよアスレチックコースへ。スタート地点には、エントリー用紙と時計が設置されているので、必要事項を記入してアスレチック開始!!

ワクワクしながら歩きます!!
テクテク歩いて

スタート地点から、順路の方向へ歩くとアスレチックのコースへと入って行きます。それでは、コースを紹介しつつ、体験レビューをコメントしていきます。

※★マークは、幼稚園~小学校低学年向けの『チャレンジコース』に設定されているコースです。

No.01『エコロジカルランニング』★

1.エコロジカルランニング

休止中!!
エコロジカルランニングは休止中

丸太の走路を3周する「エコロジカルランニング」ですが、この日唯一の休止となっていたチャレンジ。初っ端だったので残念!!

No.02『バランスボード』★

2.バランスボード

順調に進みます
順調に進みます

ロープに掴まり、シーソーのようになっている丸太を渡り歩くチャレンジ。加重により揺れるタイミングがあるので、意外とスリリングかも?!

チャンピオンポイント
シートに得点を記入

チャレンジポイント
シートに得点を記入

各コースのスタート地点には、写真のような解説板が設置されており、クリアした内容によって得点が記載されているので、エントリー用紙に獲得ポイントを記入しながら進みます。※これと言って景品がもらえる訳ではありませんが…(^_^;)

No.03『威風堂々』

3.威風堂々

丸太の上を渡ります!!
丸太の上を渡ります

ロープや丸太を潜りながら、丸太を渡って進むチャレンジ。思いのほか身軽で、スムーズにこなしていました!!

No.04『末広橋渡り』

4.末広橋渡り

吊橋を渡ります
吊橋を渡ります

ロープに掴まり、吊橋を渡るチャレンジですが、先程の『威風堂々』と打って変わって大苦戦。どうやら、足元が動くコースは苦手みたい…。

No.05『耳の穴くぐり』★

5.耳の穴くぐり

この穴を降ります!!
ネットの上を這って穴をくぐる

ネットの上を這って登り、縦穴をくぐって降りてくるチャレンジ。足場がロープになっていても問題無く、スムーズに終わらせる事が出来ました。

No.06『砦のぼり』

6.砦のぼり

難しい向きで降りてきたなぁ…
砦を上って丸太で降りる

木でできた砦の内側を登って行き、丸太を伝って降りてくるチャレンジ。何故か難易度の高そうな降り方でしたが、これまた無事にクリア!!

軍手を購入!!
軍手を購入

蒸着!!
軍手を装着

このチャレンジを終えた辺りで、急遽買いに行った軍手が到着&蒸着!やはり、ロープ系のチャレンジが多いので、軍手は必須アイテムですね!!

No.07『ハラハラわたり』★

7.ハラハラわたり

迂回路もアリ
迂回路もアリ

丸太を支えにして、木カブや丸太の上を渡るチャレンジ。写真のように、迂回路が設定されているスポットもあるので、小さいお子様でも安心です!!

No.08『人に八つ当たり』

8.人に八つ当たり

八つ当たりはダメですが…
吊橋の上を移り渡る

吊橋の上を移り渡るチャレンジです。やはり、吊橋のように足場が不安定なコースは苦手なようで、他のチャレンジよりも時間が掛かりますね。

No.09『関所越え』★

9.関所越え

丸太を登り関門を越える
丸太を登り関門を越える

ロープを使って丸太を上り、その先で降りてくるチャレンジ。先程の吊橋とは違い、鼻歌を歌いながら歩くようにクリアしていました!!

No.10『ヒソヒソわたり』★

10.ヒソヒソわたり

ロープを引き寄せ渡る
ロープを引き寄せ渡る

元気いっぱい!!
元気いっぱい!!

ロープをつたって、丸太を歩いて渡るチャレンジ。コチラも問題なくクリアし、次のコースへと走って行きました。※一緒に移動するのも結構しんどい…(^_^;)

No.11『渓谷渡り』

11.渓谷渡り

体を寝かせてロープの上を渡る
体を寝かせてロープの上を渡る

丸太を上がった後は、張り巡らされたロープを移り渡るチャレンジ。足場が揺れる吊橋よりはマシなものの、こういった系統は難しいのかも?!

No.12『忍者わたり』

12.忍者わたり

丸太の上を渡り歩く
丸太の上を渡り歩く

ロープに掴まりながら、吊るされた丸太の上を渡るチャレンジ。先程の「渓谷渡り」同様、足場が不安定で時間が掛かる。苦手なコースが続きますね!!

No.13『漂いわたり』★

13.漂いわたり

ロープを掴んで丸太を渡る
ロープを掴んで丸太を渡る

ぶら下がっているロープを掴み、丸太の上を歩いて渡るチャレンジ。今までとは一転、水を得た魚のようにスイスイ進みます!!

No.14『大の字あるき』

14.大の字あるき

ロープを掴んで進む
ロープにぶら下がりながら進む

横に張られたロープを掴み、丸太の上を歩いて渡るチャレンジ。※解説の絵とは違いますが、足が届かないのでヨシとしました。

No.15『山坂のぼり』

15.山坂のぼり

ロープの下をくぐって進む
ロープの下をくぐって進む

丸太の階段を上った後は、ロープの下をくぐりながら進み、丸太の吊橋を渡るチャレンジ。少し時間は掛かるものの、吊橋にも慣れてきた様子!!

No.16『六甲山超え』★

16.六甲山超え

横に張られたロープを掴み、傾斜のある丸太橋を渡っていくチャレンジ。コチラは、スムーズにクリアする事が出来ました!!

No.17『大木ゆすり』

17.大木ゆすり

枝のある丸太を次々に移る
枝にある丸太を次々に移る

丸太に埋め込まれた枝を掴み、次々と足場を移って行くチャレンジ。この丸太の形状…。木人拳の修行シーンを想い出す光景でした!!(^_^;)

No.18『草むらくぐり』★

18.草むらくぐり

丸太をくぐる
丸太をくぐる

斜めに組み合わさった丸太の間を、くぐり抜けて行くチャレンジ。しゃがみながら進めば、あっという間にミッション・コンプリート!!

No.19『弓糸ひき』

19.弓糸ひき

ロープをつたって降りる
ロープをつたって降りる

丸太を掴んで登り、ロープをつたって反対側から降りてくるチャレンジ。変な降り方になっていましたが、余裕を感じるクリアです。

No.20『とびのきわたり』★

20.とびのきわたり

木の上を移動!!
ロープを掴んで木カブの上を渡る

ロープを掴んで、木カブの上を渡るチャレンジです。外から見ていると、ロープを掴まずポンポンっと渡った方が簡単そう…(^_^;)

No.21『大木抱え降り』★

21.大木抱え降り

丸太を抱えるように寝そべりながら、反対側まで進むチャレンジ。コチラも問題なしといった感じで、スムーズにクリア!!

No.22『冒険王』

22.冒険王

楽しそうっ!!
ロープに掴まり空中を滑る

ロープに掴まり、ボールに乗って空中を滑るチャレンジ。一番楽しんだのがコレで、「お一人様2回まで」という注意書きからも、人気のある事がうかがえます。

No.23『倒木のぼり』★

23.倒木のぼり

難しかった!!
ロープに掴まり丸太を渡る

ロープに掴まり、丸太を渡るチャレンジですが、ちょっとした拍子に背中から落ちてしまい、アスレチック初の「パス」を行使する事に…。

No.24『樹上ながめ』

24.樹上ながめ

ロープに掴まり上る!!
ロープに掴まり上る

いい景色!!
いい景色!!

一望できます
一望できます

三田方面?!
良い見晴らし

丸太のヤグラに登り、ハシゴから降りてくるチャレンジ。その名の通り、抜群の眺めで上ったかいが有ります!!※降りるのは少しだけ大変ですが…(^_^;)

No.25『地面たたき落ち』★

25.地面たたき落ち

これも難しい!
仰向けで丸太を渡る

仰向けで丸太に掴まり、端から端まで渡り切るチャレンジ。仰向けは難しかったので、うつ伏せで渡っていました!!

No.26『ブルブルのぼり』

26.ブルブルのぼり

穴をくぐる!!
丸太を登りネットをくぐり抜ける

終わったら急な坂!!
急な坂

丸太を登り、ネットをくぐり抜けるチャレンジ。最初の方にあった「耳の穴くぐり」に似た感じですが、こちらの方が高さのあるイメージ。

No.27『とっくりわたり』

27.とっくりわたり

ロープに吊るされた、トックリの形をした木カブを渡るチャレンジ。苦手なシリーズですが、時間を掛けて慎重にクリアしていました!!

No.28『川渡り』★

28.川渡り

丸太を掴んで先に進む
丸太を掴んで先に進む

二本の丸太に寝そべりながら、端まで渡り切るチャレンジ。コチラも手足のリーチが足りず、1本の丸太を使って進んでいました。

No.29『くもの巣』★

29.くもの巣

木々が凄い!!
木々が凄い

クモの巣状に張り巡らされたロープを進み、反対側まで渡り切るチャレンジ。コースも終盤に近づいたからか、周辺の木々に圧倒されます!!

No.30『大谷超え』★

30.大谷超え

これも楽しい!!
滑り台をすべって反対側へ進む

滑り台をすべって、反対側へ進むチャレンジ。アスレチックの中でも、お気に入りベスト3にランクインするほど、楽しかったようです!!

No.31『山また山』

31.山また山

ロープを握って…
ロープに掴まり反対側で降りる

ロープに掴まり、反対側まで降りるチャレンジ。こういったロープも、上手に渡れるようになりました!!※コースの内容よりも、ネーミングが抜群過ぎて…(笑

No.32『船ばた渡り』

32.船ばた渡り

吊るしロープに掴まり、丸太の上を渡るチャレンジ。足場が揺れて高さが有る…。苦手な要素が詰まっていたので、半分あたりで「パス」を行使していました。

No.33『三球勝負』★

33.三球勝負

木片を投げて、人形に当てるチャレンジ。木片はロープに繋がっているのですが、思っている以上に重くて苦戦していました。

No.34『大波くぐり』

34.大波くぐり

穴を通り抜ける
ネットの穴をくぐり抜ける

迂回路アリ
迂回路

ネットの輪の中をくぐり抜けるチャレンジ。今までにクリアしてきた「耳の穴くぐり」や「ブルブルのぼり」の集大成といった感じ!!

No.35『岸へむかって』★

35.岸へむかって

スタート!!
ロープを引っ張り船を動かす

ロープを引っ張り船を動かし、対岸まで渡るチャレンジ。コチラも人気があるようで、後から来た子供達も大喜びしながらトライしていました。

No.36『カニ歩き』

36.カニ歩き

ロープに掴まりながら進み、くるっと一周してくるチャレンジ。下には池?川??があり、落ちたらズブ濡れ必至なので、今回はパスして頂きました…(^_^;)

No.37『小舟渡り』

37.小舟渡り

ロープに吊るされた、丸太の船を渡るチャレンジ。比較的しっかりした足場なので、スイスイ進んでクリアしていました!!

No.38『力くらべ』★

38.力くらべ

スタート地点が見えてきました!!
スタート地点が見えました

ロープを引っ張り、丸太を持ち上げるチャレンジ。「持ち上がらない!」と言うので交代してみたところ、確かに重すぎて動かない部分も…(^_^;)

No.39『うなだれぶらさがり』

39.うなだれぶらさがり

ロープにぶら下がりながら、丸太を渡るチャレンジ。コチラは難無くクリアし、ラストとなるチャレンジへと猛ダッシュ!!

No.40『六甲くぐり』★

40.六甲くぐり

ロープに掴まり上る
ロープに掴まり上る

全コース終了!!
全コース終了!!

丸太とロープを使い、上まで登って降りてくるチャレンジ。アスレチックのラストステージですが、集大成といった感じで色んな要素が詰まっています!!

これにて、六甲山フィールドアスレチックの全40コースを紹介しましたが、殆どが丸太とロープで構成されており、これぞアスレチックといった感じ。6歳の長男君は、全行程を終えるのに2時間弱。本当に良く頑張りました!!

普段の生活では体験できない凄い達成感!!

全40種目の中で、飛ばしたチャレンジは3~4個だけと、殆どパスする事無く進みましたが、一つ一つをクリアしていく度に喜びながら、小さな自信がコツコツと積み重なっていった感じです。

周りには自然が溢れ、公園や学校の遊具では体験できない、貴重な経験になったかと。本人も「疲れた」と愚痴る事無く、思いっ切り楽しんでいました。

得点をカードに記載
得点をカードに記載

ゴール!!
ゴール!!

ゴール時間
ゴール時間

スタンプを押そう!!
ゴールスタンプ

コースの順路には起伏も有り、歩きながら一緒に回っているだけで結構な運動量。公式サイトのアナウンスによると、全長は1km・総面積が30,000m²との事ですが、もっと長かったような印象を受けます。

お手洗いを済ませ…
お手洗い

アスレチックを後に!!
六甲山カンツリーハウスへ

楽しかった!!
アスレチックの駐車場

長男君にとって、初めてのアスレチックとなりましたが、自然の中で思いっきり身体を動かし、想い出に残る楽しい時間を過ごす事が出来たかと。

少しだけ休憩を取った後、六甲山カンツリーハウスへ向けて出発しました。

六甲山カンツリーハウスでも遊べます!!

アスレチックを終えて、グッタリかと思いきや…。まだまだ元気一杯なので、六甲山カンツリーハウスへ立ち寄り、まずは少し遅めの昼食を食べてから、お馴染みとなっている遊具で遊ぶ事に。

車を止めたメインゲートまで戻るのは大変なので、アスレチックの近くにある『六甲山カンツリーハウス東入り口』から入場しました。

東入り口
六甲山カンツリーハウス東入り口

受付
受付

本日のアトラクション!!
本日のアトラクション

普段は、メインゲートからゴーカートまでの間で遊ぶ事が多く、コチラ側には殆ど来た事がありませんが、魚釣りやパターゴルフのエリアとなっていて、入り口の横には綺麗なローズガーデンがありました!!

案内看板
魚釣り

バラが綺麗!!
バラが綺麗

魚釣りが出来る池の畔を歩きながら、坂道を下っていくと馴染みのある風景に。

当日は、レストランなどの営業が無かったので、メインゲートを降りた辺りにある「グリーンリーフ」というショップにて軽食を購入。

休憩所にて
休憩所にて

軽食を頂きました!!
軽食

昼食を食べた後は、『遊具総合案内所』に行ってチケットを購入し、営業している遊具にて遊ぶ事に。※今回は、個別のチケットにしました。

チケットを購入!!
チケットを購入

トランポリンや
トランポリン

フアフア!!
トランポリン

わんぱくスキー!!
芝すべり

楽しそう!!
楽しそう!!

この日は通常の平日だったので、長男君の大好きな『バブルボール』や『アクアチューブ』の営業はありませんでしたが、疲れ知らずで楽しそうに遊んでいました!!

遊具を楽しんだ後は、恒例となっている…。

鯉のエサ!
鯉の餌

餌やり開始!!
餌やり開始

恐ろしいほどの鯉!!
恐ろしいほどの鯉

いつものように、鯉のエサやりタイム!!※この日は、他にエサをあげてる人が居なかったからか、かなりの鯉が集まってきていました。

沢山遊びました!
沢山遊びました!!

また来ます!!
夏休みにまた来ます!!

結局、カンツリーハウスが閉園になる時間まで遊び、朝から夕方まで六甲山を満喫!濃厚な一日になりました!!

フィールドアスレチックを楽しんでから、カンツリーハウスの遊具でも遊べる。他にも、展望台や高山植物園が有り、色んな体験をする事が出来るので、子供達にとっては楽しいスポットになっていると思います。

六甲山のアスレチック!まとめ

今回は、六甲山フィールドアスレチックの体験レビューを中心に、山上施設について書いてみましたが、これだけの自然の中で遊ぶ事は滅多に無いので、子供達にとっては良い経験になると思います。

カンツリーハウスでも遊ぶ場合、車移動しないのであれば、駐車場に関してはどちらに停めてもさほど違いは無いかと。

カンツリーハウス駐車場
六甲山カンツリーハウスの駐車場

それにしても、思った以上に頑張っていたのでビックリ!!

途中で「疲れた~」「止めたい~」とか言い出すかと思っていましたが、心底楽しそうな笑顔でグングン進む姿に、ちょっぴり感動してしまいました…(^_^;)

お疲れ様!!
六甲山のアスレチック!全コース紹介と体験レビュー!!

さすがの長男君も疲れたのか、車に乗ってしばらくすると爆睡モードでしたが、楽しい想い出が残ったと思います!!

近隣の市街地からも、六甲を登れば手軽にアクセスできますし、森の中を歩くと空気も美味しく気分もリフレッシュできます。六甲山にあるフィールドアスレチック、お子様と一緒にいかがでしょうか?!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「子供とお出かけ」カテゴリーに含まれている前後記事は、下記のラインナップとなっておりますので、お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

子供とお出かけ』の前後記事

また、「育児&遊び場」には「 24件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。※投稿数は8月15日現在のカウントです。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『育児&遊び場』の新着記事

『子供とお出かけ』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    がーくん
    2018年8月5日 PM 21:25

    相変わらず公式サイトより詳しい!笑

    それにしても、お子さん1年生なのに、そこまで自力でクリアできるなんてスゴいですね!

    • comment-user
      MACO
      2018年8月5日 PM 21:34

      毎度です!!(^^ゞ
      全40コースを掲載したので、かなりの情報量になってしまいました…(^_^;)

      アスレチックに行きたいと言い出したキッカケは、YouTubeでアスレチックの動画を見たからだと思いますが、ここまで頑張れるとは思ってませんでした。

      この日以来、何をして遊びたいか尋ねると「またアスレチックに行きたい!!」がお決まりのフレーズに…。また、そのうちリピートします!!(笑

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※8月15日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。