スピニングリール・ライン(道糸)の交換方法

スピニングリール・ライン(道糸)の交換方法

今回は、ラインの交換方法について。

釣行回数を重ね、使用しているラインが短くなったり、表面が毛羽立ち摩耗してくると、新しい物へ巻き替える事になります。

また、経年劣化により、プツプツと切れるようなケースもあるので、高切れ等のトラブルを防ぐためにも、釣行前のラインチェックは大切ですね。

ラインの毛羽立ち
ラインの毛羽立ち

交換作業に関しては、ラインの購入時に対応している釣具屋さんも多いので、自分で巻くのが面倒な場合、お願いするのが手っ取り早いかと。

ただ、近年はネットショップで購入されるケースも増えましたし、自分でラインを巻き替える手順について書き出しておきます。

ラインの下巻きについて

浅溝タイプのスプール以外は、下巻きを入れてカサ上げを行い、その上からラインを巻き替える事になります。

下巻きに関しては、リールを購入したりライン交換の際、釣具屋さんで巻いてもらえますが、自分で調節しながら巻くのも難しくありません。

また、今まで使用していたラインと、これから巻こうとするラインの経が違う場合、下巻きを調節する必要も出てくるかと。

今までよりも細いラインを巻くのであれば、スプール内に収まるものの、太いラインを巻く場合はスプールから溢れる(ラインが余る)場合も。

ラインを細くする場合も、スプールに対して巻き付け量が少なくなるので、下巻きを追加する等の調整を行った方が丁寧です。

1.ライン交換の準備について

ライン交換の際、必要になるのはリールとロッド(グリップとバットガイド部分)、後は湿らせたティッシュや布、ペンなど棒状の物。

テンションを掛る際に使う、ティッシュや布はどちらでも問題ありませんが、ラインが擦れる事を考えると、キメの細かい物が良いかと思います。

湿らせたティッシュ
ライン交換に必要な物

ペンを使用
新しいラインに刺すペンや棒

一方、ラインスプールに差し込む棒に関しては、細い物よりか、穴のサイズに近い物を選ぶと、カタカタならずスムーズに巻けるかと。

これから巻き付ける新しいラインと、これらのアイテムが準備できたら、ラインの交換を始めます。

2.新しいラインをスプールに結束する

まず最初に、新しく巻き付けるラインの先端を手に取り、ガイドに通してからリールのスプールに結束します。※何気ない作業ですが、忘れないように注意!!

ガイドを通す際は、いつもと逆方向からラインを入れる(ガイドからリールへ向かってラインを通す)事になります。

ラインをガイドに通す
ラインをガイドに通す

ラインを結束
ラインをスプールに結ぶ

ラインを結束する際は、リールスプールの上で結ばず、輪っかを作り締め込むだけにしてから、スプールに引っ掛けるとスムーズに結べます。

結束方法の参照動画

結束方法の参照動画

ラインをスプールに引っ掛け締め込んだ後、私はテープを使って結びコブを隠すようにしています。※黒いビニールテープ部分。

テープで止める
結び目をテープで止める

準備の図
ライン交換の準備

テープに関しては、殆ど好みの問題だと思うので、貼っても貼らなくても良いかと。

※気持ち程度の事かも知れませんが、結びコブ部分で引っ掛かりや段差が出たり、巻き始めた時に動いてしまうと嫌なので…。私はテープを貼っています。

3.テンションを掛けながら巻く

新しいラインをガイドから通し、リールスプールに結束すれば、ラインスプールにある穴にペンを通し、足の指に挟み込みます。

写真のように、表面はシールが貼ってありますが、スプールの裏を見れば丸い穴があるので、その部分をめがけてプスっとペンを挿し込みます。

ペンを通して…
棒を挿し込む

足でラインを挟む
足でラインを挟む

次に、湿らせたティッシュを手に持ち、ラインを挟んで軽くテンションを掛けます。※ガイドから入ってくるラインと、同じ高さになるよう位置を調節。

親指をロッドに引っ掛けて、人差し指と中指でティッシュを持ち、ラインを挟んでから親指の角度で高さを合わせる。

ティッシュで挟む
濡れたティッシュでテンションを掛けながら

※ラインを巻き付ける際、摩擦によりラインへダメージが入るのを防ぐ為に、テッシュや布は必ず”湿らせた物”を使って下さい。

写真の都合上、下記図のような距離感になっていますが、濡れたティッシュの位置は出来るだけガイド側(リールから遠い位置)にする。

イメージ図
ライン交換・巻取りイメージ図

後は、ティッシュを挟む指に軽く力を入れて、ラインがたわまないようテンションを掛けつつ、”一定の速度”と”一定の力加減”でリールの巻取りを開始。

巻取りの最中、ラインスプールがバタつく時は、足の親指で軽く負荷を掛け、ラインが均等に出ていくようにする。全てを移し替えたら、ライン交換は終了です。

ライン(道糸)の交換方法・まとめ

今回は、スピニングリールのライン交換について書いてみましたが、これと言って難しい工程は無く、10分程度で終わる簡単な作業です。

一応、巻取りのコツとしては、面倒になってガガガっと早巻きするのでは無く、一定の速度とテンションで均等に巻き付ける部分かと。

完了!!
ライン交換完了!!

その他の注意点としては、スプールに適正な量を巻く事。

冒頭の”下巻き”に関する記事や、下記でも書いてありますが、適正な範囲を超えてラインを巻くと、ラインの塊がドバっと出るようなトラブルに繋がります。

特に、今まで巻いていたラインよりも太い物を使う場合、下巻き量に対しライン経が大きくなるので、厚みが増えてしまう可能性が高いかと。

兎にも角にも、交換している最中もワクワクしますし、ラインを巻き替えた後のキャストは最高に気持ち良いので、覚えておいて損は無い作業です!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「テクニック」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

テクニック』の前後記事

また、11月18日現在「シーバス釣り」には「 94件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

スピニングリール・ライン(道糸)の交換方法
この記事が気に入ったら
『いいね!』&『フォロー』




シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『シーバス釣り』の新着記事

『テクニック』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※11月18日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。