ロイヤル棚柱で壁棚をDIY!棚板の準備から取り付けまでの手順!!

ロイヤル棚柱で壁棚をDIY!棚板の準備から取り付けまでの手順!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、廊下の壁に棚板を取り付けた手順について。

子供達が大きくなるにつれ、細々とした荷物(特に玩具)が増えてきたので、今までの玩具箱では収納が追いつかない…。

更には、現在の家に引っ越してから四年を迎え、そろそろ壁に穴を空けてもいいだろうという事で、以前から考えていた壁棚を設置する事に。

ホームセンター
ホームセンターの棚売り場

※既製品の棚を購入しても良かったのですが、廊下に設置するためスペース(奥行き)が短く、下駄箱やシューズラックを代用するしか方法は無く…。

そういう事であれば、設置部にピタッと合わせてDIYしてしまおう!と頑張ったので、その工程と手法を残しておきます。

手軽に買えるロイヤル棚柱と棚受け!!

まず最初に、今回使用した部材についてですが、一般的なホームセンターで良く見かける、ロイヤル(メーカー名)の棚柱と棚受けを利用。

※今回はロイヤルを選びましたが、他のメーカーからも同様の商品が販売されています。”棚柱”や”ガチャ柱”で検索を掛けると見つかります。

立ち上がり寸法14mmチャンネル型支柱、スリット穴掛け式棚等設置システム用基礎支柱(壁面施工用)。

今回購入したのは、ロイヤルの『ASF-10』という白い棚柱。

ホームセンターに在庫があったので購入したのですが、ネットで調べると同タイプの『ASF-1』という棚柱がありました。

この2つの異なる点は厚みで、ASF-10は立ち上がり寸法が14mm。対するASF-1は、立ち上がり寸法が11mmとなっており、後者の方が若干薄くなっています。

ASF-1の詳細(公式サイト)
ASF-10の詳細(公式サイト)

個人的には薄い棚柱を使いたかったので、近隣のホームセンターでASF-1の在庫を調べてもらったところ、全く取り扱いが無くてビックリ。

ネットであれば購入出来るものの、納期が掛かったり送料が高かったりで断念。近所で買えるASF-10を選んでおきました。

ネットの場合『モノタロウ』が送料・納期共に利用可能範囲でした。

スリット穴掛け式棚等設置システムの木棚専用腕金具。

棚柱を選んだので、一緒に棚受けも購入。

棚受けもホームセンターに在庫があった、ロイヤルのウッドブラケットというシリーズで、自動ロック式抜け止め装備が付いている物をチョイス。

買った物!
ROYAL(ロイヤル) チャンネルサポートと棚板

棚柱と棚受け、そこに棚板(パイン材)とペンキを購入。

事前に設置部の寸法を測っておき、ホームセンターで購入時にカットをお願いしました。※木材カットサービス、本当に便利ですよね。

その他、こぼれ止めと隙間を埋めるための細い木材(次項参照)と、木ネジに精密ビットなど細々した物(後述)は、その都度追加購入しました。

棚板と壁のスペースは細板で埋める!!

数年前からチャレンジしようと思っていたので、設置の手順などは問題ないものの、一つだけ気になるところが…。

それは、壁と棚板の間に、棚柱の厚みだけ隙間が出来てしまう事。

イメージ図
棚柱と棚板の隙間

色んな施工写真を見てみましたが、この隙間をそのままにしているケースもあれば、壁をふかして棚柱を埋め込んでいるケースも。

確かに、棚柱を埋め込んでしまえば隙間も無くなりスッキリするのですが、さすがに壁の施工時に指定しておかないと、後からの作業は難しいかと…。

それでも、隙間が出来るのは嫌だったので、何か解決策は無いかと考えたところ、棚板に細めの白木板を取り付ける事によって解決。

白木板
細木を追加する

隙間が埋まる
隙間が埋まる

棚柱の厚みに近い白木板を探し、棚板から棚柱の横幅だけ引いたサイズにカット。今回は、こんな感じでカットしてもらいました。

棚板(1200mm)-棚柱横幅(約10mm×2)=白木板(1180mm)

といった感じ。
木材カット幅は10mmから指定なので、棚柱の横幅は10mm(実寸7.8mm)でカット。

仮止め
こぼれ止めも設置ビスとボンドで固定

棚板に対し、L字で平行に取り付けてあるのが隙間隠しの白木板。(へこんでいる部分に棚柱を当てます)

棚板に対し、垂直に取り付けてあるのがこぼれ止めです。

量産!!
五枚の棚板を制作

こぼれ止めと隙間隠しの白木板を木ネジで固定し、これを必要な数だけ制作。

今回は、合計で8枚の棚板を準備したので、結構な作業量となりました。

スリムタイプの木ネジと精密ビットで固定!!

前項で書いた”隙間隠しの白木板”を固定する際、通常の木ネジを使うと確実に割れてしまうので、スリムタイプの木ネジと、それに合致したビットを使用。

※無理だろうなぁと思いながら、自宅にストックしていた木ネジを使い、白木板にヒビを入れてしまったのはココだけの話。

スリムタイプ
細い木ネジと精密ビット

精密ビット
精密ビット

想像通りヒビが入ったので、急遽ホームセンターにて購入。細い木ネジと、精密機器に使用する”スリムチューブカラービット”の組み合わせ。

成功!!
細い木ネジ

この組み合わせであれば、木材を割る事無く固定できました。

一人で作業される場合、先に木工用ボンドで仮止めを済ませ、それから木ネジを打つと作業はスムーズに進みます。

つや消し塗料で仕上がりが綺麗に!!

棚板が完成したら、次は塗装の工程に。

棚を設置する壁紙が白なので、棚板に塗る塗料(ペンキ)は”水性のつや消しホワイト(アサヒペン)”を選択。

つや消しホワイト
ペンキ(つや消しホワイト)

オープン!!
棚板にペンキを塗る

これは、完全に個人の好みなんですが、こういった木材にツヤ消し塗料を塗ると、刷毛目も気にならずシットリ落ち着いた印象になる気が…。

※壁紙(汚れていない)の補修なんかにも、ツヤ消しのホワイトが使えます。

凹凸から
凹凸から塗り始める

次々に塗る…
三枚塗り終わり

まずは棚板の裏面から塗り始め、塗料が乾いたら表面へひっくり返し、プラモデルと同じく凸凹になっている部分から平面へと塗装。

その際、一度に沢山の塗料をハケに付けると、凸凹部分で垂れたまま固まってしまうので、塗料を取るのは少量。薄っすらと色づく程度に塗っていきます。

※他の部分を塗っている際、塗料の液ダレに気がついたら、ハケを使って拭き取って下さい。

終了
一度塗り完了

とりあえず、一度目の塗装は完了。

この状態で半日~1日放置し、塗料が乾いたら同じ作業を繰り返す。合計で三度ほど塗れば、ハケ目や塗ムラも気にならない仕上がりになっていると思います。

棚柱はビスの効く下地に固定!!

棚板の塗装が終われば、次は棚柱を取り付けます。

一般的な住宅であれば、壁紙の下は石膏ボードになっているケースが殆どだと思いますが、棚柱を取り付けるには強度不足。

なので、石膏ボードの裏に入っている”強化材”や””といった下地に対し、ビスを打ち込み棚柱を固定する必要があります。

その際、役に立つのがコチラ!!

壁をコンコンと叩き、音の変わる部分で下地を探す事も出来ますが、この記事で紹介した商品のように、石膏ボードの下地を探せるツールも販売されています。

一方、棚柱の設置部分に下地が無い場合は、”アンカー”と呼ばれる固定部材を使ってビスを効かし、棚柱を固定する事になります。

今回はドア周りの下地を利用できたので不要でしたが、脱衣所に同様の壁棚を設置した際、利用したアンカーが使いやすかったのでシェア。

フィッシャー デュオパワー DuoPower は3つの製品機能でインテリジェントな2種類の材質から成るプラグ。ギザギザに切れ込まれた形状はねじ締込み時の共回りを軽減します。コンクリート・レンガ・ALC・石こうボード・自然石・合板・コンクリートブロック・押出成形セメント板に。

石膏ボードに”デュオパワー(5×25)”を埋め込み、ビスを打って棚柱を固定しましたが、他のアンカーに比べ下穴も一回り小さく済みましたし、ビスの効きもバッチリでガチっと固定する事が出来ました!!

棚柱をビスで固定
木ネジで固定

事前に”どこ太”を使用し、下地までの距離を測ってあったので、確実に届く長さのビスを用意し棚柱をカッチリと固定。

※固定した棚柱は、床に接地している巾木に乗せる形にしたので、力も分散してより安全に固定する事が出来ました。

木ネジで棚受けに棚板を固定!!

棚柱を固定できたら、次は棚板の取り付け。

ホームセンターで買ってきた、自動ロック式抜け止め装備が付いている、ロイヤルのウッドブラケットを棚柱の左右にセット。

木棚用ブラケット
木棚用ブラケット

その後、塗装を終えた棚板を仮置きし、ビス穴をマークしてから取り外し、木ネジで棚板とウッドブラケットを固定。

棚板を仮置き
ロイヤル棚受け

その際、誤差が出て棚柱にウッドブラケットを引っ掛けられない場合は、棚板を仮置きした後、そのまま現物合わせで木ネジ固定しても良いかと。

※または、ウッドブラケットにはビスの固定穴が二ヶ所あるので、片方を固定してから棚柱へ引っ掛け、微調整をしながら仕上げの木ネジ固定でも良いですね。作業のし易い方法で固定すれば良いと思います。

棚板の設置位置を決めて完成!!

ブラケットと棚板の固定が終われば、収納したいアイテムに高さを合わせつつ、棚板を引っ掛ければ完成。

今回は、8枚の棚板を取り付けたので結構な作業量となりましたが、子供達にも手伝ってもらい、スムーズに完成させる事が出来ました!!

上出来ですっ!!
棚柱を使った壁棚の完成

廊下の端から端までを繋ぐ壁棚、思ったよりも綺麗で大満足。

棚板にはツヤ消し塗料を使っているので、そのまま玩具を置くと傷が入るため、ホームセンターで買った透明ビニールを敷いてあります。

※透明ビニールよりも、ガラス色のアクリル板を敷いた方が綺麗だったのですが、欲しい厚みが無かったので却下としました。

ロイヤル棚柱で壁棚をDIY・まとめ

今回は、一般的なホームセンターで売られている、ロイヤルの棚柱を使って壁棚を作りました。

引っ越した当初は、壁にネジを打つのが嫌だったので保留にしていたアイデアですが、溢れる玩具を見て背に腹は代えられないと決意。

※本来、この長さ(約1300mm)であれば、真ん中にも棚柱を設置するのが安心かと思います。今回は収納する物が軽いので…。

棚柱も目立たない?!
綺麗に仕上がりました

文中でも書いた通り、棚柱が浮き出たように見えるのが嫌だったので、棚板との隙間を埋めたり、ドア周りの板を利用し厚みをカバーしたり。

その効果もあってか、棚板の隙間も無く、それほど違和感の無い仕上がりになったかと。これだけ頑張って、何を収納したかと言うと…。

ジャジャン!!
仮面ライダーの変身ベルト

子供達(主に次男君)が集めた、ニチアサグッズの数々!!(笑

チマチマと買い足しているうちに、イケアの玩具箱には収まり切らない量となり、部屋のアチコチに溢れていたので、思い切って収納兼ディスプレイとして設置してみました!!

こっちはクローゼットへ
フルボトルやライドウォッチなど

中でも、変身ベルトのベルト部分が厄介で、脱着できる物は外してから棚に収納。他には、スーパー戦隊やロボ系を並べ、フルボトルやライドウォッチなど、入り切らない変身小道具はまとめてクローゼットへ。

※ニチアサグッズの収納だけで、記事が一本書けそうです(笑

最後になりますが、棚板や棚柱などの細々した材料費を含めると、既製品を買った方が安くつきそうな出費となったものの、ぴったりフィットの気持ち良さはDIYならではですよね!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「生活」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!



また、2月3日現在「ライフ」には「 91件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:『』|Posted By


『ライフ』の新着記事『生活』の人気記事『当ブログ』の新着記事
コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。