ロボットが働く「変なホテル」の施設紹介と宿泊レビュー!!

ロボットが働く「変なホテル」の施設紹介と宿泊レビュー!!

シェアして頂けると嬉しいです!

今回は、ラグーナテンボス旅行で宿泊した「変なホテル」のお話。

子供達の希望により、昨年も遊びに来たラグーナテンボスのプール「ラグナシア」へ、二回目となるリピート旅行にやってきましたが、前回の記事でも書いた通り、波の出るプールや流れるプールで楽しく遊び、ラグナシアを満喫!!

ラグナシア
波プール!!

ラグナシア旅行(二回目)シリーズ

  1. 幼児や子供にオススメのレジャープール!ラグナシアのレビュー!!
  2. 【当記事】ロボットが働く「変なホテル」の施設紹介と宿泊レビュー!!
  3. ラグナシア旅行!プールと遊園地エリアを遊び尽くす!!
  4. ラグナシアの花火やイルミネーション&ナイトプールについて!!

宿泊施設に関しては、「ラグーナヒル」というオフィシャルホテルがあるものの、くつろぎ空間確保のため「16歳未満のお子様」は宿泊出来ない規制があり、チビッコの居る我が家は宿泊不可。※2017年7月1日から、この制限は解除されたようです。

ラグーナヒル公式サイト
ラグーナヒル公式サイト・キャプチャ画像

なので、昨年はラグナシアから車で10分程度の場所にある「三谷温泉・松風園」さんを利用させて頂きましたが、ラグナシアの横にホテルが新設されたので、今年はオープンしたばかりの「変なホテル」で宿泊する事に。

ロボットが業務をこなすと、ニュースにて話題にもなっていた「変なホテル」ですが、蒲郡では「恐竜」が対応してくれるようです。どんな物か楽しみにしていたところ、実際に泊まってみるとリピート決定の「面白いホテル」でした!!

変なホテル
変なホテルに到着!!

我が家と同じく、幼児&幼稚園から小学生くらいまでのお子様なら、大喜びする事間違い無しのオススメホテルなので、宿泊のレビューや施設の紹介について、ガガっとまとめてみたいと思います。※写真多めの長文になります。

ラグナシアに併設された「変なホテル」に宿泊!!

2017年の8月、ラグナシアにある波の出るプール奥、劇場のある広場横に新設されたのが、「変わり続けることを約束するホテル(変なホテル)」。

ハウステンボスや舞浜にあるホテルですが、最新の技術を使い「ロボット」がチェックイン・チェックアウトの手続きを行ったり、客室の管理もメインパネルから操作したりと、ドラえもんに出てくる22世紀のような、世界初のロボットホテルです。

ラグナシア前の道路
ラグナシアの波プール

この写真は、ラグナシア前にある道路ですが、肌色の建物が「ラグナシア」、手前に見える灰色の建物が「変なホテル」となっています。

ラグナシアから変なホテルへのアクセスについては、園内の波プール奥にある連絡通路を使う順路と、写真のようにラグナシア前の道路からアクセスする2通り。今回は、ラグナシアの駐車場から車で移動しましたが、2分ほどでアっという間に到着。

変なホテルに到着!!
ラグナシア横の変なホテルに到着!!

エントランスを抜け…
変なホテルのエントランス

宿泊者駐車場へ
蒲郡・ラグナシア横の変なホテル駐車場

未舗装でした
変なホテルの駐車場は舗装が終わってませんでした

ホテルに併設している、宿泊者用の駐車場は舗装が終わっていませんでしたが、ラグナシアからは近いので迷う事はありません。

変なホテル!!
変なホテルに到着!!

入り口へ!!
ラグナシアに併設された変なホテル

車を停めて歩いていると、エントランスには綺麗なお花が壁一面に飾られており、目を見張るような美しさでリゾート気分を盛り上げてくれます。※車は指定位置では無く、空いているスペースに駐車すれば良いようです。

リアルな恐竜ロボットがお出迎え!チェックインも恐竜にお任せ!!

綺麗なお花とホテルのロゴを前に、子供達の記念写真を撮った後は、チェックインを済ませる為にホテルのロビーへ向かいます。

ホテルの中へ…
ホテルのエントランスへ向かいます

気持ちよく冷えたホテルへ入ると…。
目の前にはっ!!

グァオォォォ~っ!!
ティラノサウルスがドドンっと登場!!

大きな大きな恐竜がお出迎え!!

この恐竜、そこらのテーマパークにあるロボットよりもリアルに作られており、滑らかな動きとアクションに目は釘付け!!

是非チェックしてみて下さいっ!!

長男君は、大喜びしながら近づいて観察していますが、あまりのリアルさに次男君は号泣してしまい…(^_^;)

長男君となだめる図
次男君はティラノサウルスに号泣

一方、ホテルとして重要になってくるチェックイン業務ですが、奥様の手続きを見学に行くと、確かに「変なホテル」のネクタイをしたフロント・クラーク(恐竜)が、これまたリアルな動きで受付け業務を行っていました。

チェックインカウンター
チェックインカウンターにも恐竜が!!

変なホテルのフロント・クラーク
ティラノサウルスが受付業務の担当!!

パネルに必要項目を入力
パネルに必要項目を入力

チェックイン完了!!
チェックイン完了!!

要は、タッチパネルにて予約情報の必要事項を入力し、有人のカウンターにてルームキーをもらうといった流れになります。

さすがに、細かな確認や質問事項がある場合、恐竜だけでは不安になってしまいますが、カウンターの端には人間のスタッフさんが居るので安心です(笑

記念にパシャリ
卵の中に入ってポーズ!!

オープンしたばかりなので…
新設されたホテルなのでお花が送られていました

新しくて気持ち良いですね!!
綺麗な蘭です!!

フロント前に居る大きな恐竜の横には、卵の形をした撮影スポットがあったので記念にパシャリ!!※次男君は大きな恐竜に怯えて不参加…(^_^;)

数週間前にオープンしたばかりなので、ホテルの中にはお祝いの蘭が並んでおり、新築の香りと合わせて新しさが気持ち良く、ちょっとだけ得した気分になりました。

ラグナシアプールへの連絡通路について

宿泊する客室へ向かう際、ラグナシアへの連絡通路を発見!!

恐竜の裏側にある、ガチャガチャ奥の自動ドアを出ると小屋があり、ラグナシアへの入園手続きやリストバンドのチャージが出来る、受付けカウンターがあります。

ラグナシアへの連絡通路
ラグナシアプールへの連絡通路

扉の前にあった注意書きを読んでみると、花火やイベントが開催される20:00~20:30の間は、ラグナシアへの連絡通路が閉鎖されるとの事。

※その時間にショーを見ている方は問題ないのですが、少し遅れて向かう場合、連絡通路が一時封鎖されているので注意が必要です。

宿泊する客室と設備の紹介!!

ラグナシアへの連絡通路を確認した後は、奥にあるエレベーターから宿泊する客室へと向かいます。※相変わらず、エントランスの恐竜は迫力がありますね。

さすがは「ロボットが働いているホテル」というだけあって、廊下を歩いているとルンバのような掃除機がスタンバイされていました!!

凄い迫力!!
凄い迫力!!

変なホテルのフロント
変なホテルのフロントロビー

廊下にはお掃除ロボが!!
廊下にはお掃除ロボが!!

客室を見つけた後は、ドアの取っ手部分にある黒いパネルに、受付けで手渡されたカードキーをかざすとロックが解除されます。

カードキーをタッチ
カードキーをタッチ

カードを挿し込む!!
カードを挿し込む

客室へ入ると、空調などのリモコンが効かず慌てましたが…。

入り口のドア横にカードキーの差込口があり、この部分にカードキーを入れると、部屋の電力をコントロール出来るようになりました。イメージとしては、カードキーが部屋の主電源といった感じになっているのかと。

変なホテルの客室!!
変なホテルの客室写真

土足は洗面室まで!!
土足は入り口まで

お風呂
変なホテルの室内お風呂

トイレ
変なホテルのトイレ

洗面室
変なホテル・客室の洗面

アメニティ
アメニティーグッズ

歯ブラシ&タオル
歯ブラシとタオル

我が家には2歳の次男君が居るので、旅行の際は寝転んでも良いよう和室を選んできましたが、「変なホテル」は洋室が主体となっていたので心配していたものの、メインスペースは土足禁止となっていたので一安心です!!

さすがは新築というだけあって、客室内や洗面スペースは綺麗そのもの!!

室内の電源を操作
タッチパネルで室内の電源を操作

タッチパネルのメニュー
タッチパネルのメニュー

ラグーナの案内
ラグーナの案内

無料貸し出しのスマホ
無料貸し出しのスマホもあります

テレビ横にある恐竜のヌイグルミの中には、小型のタッチパネルが設置されていて、テレビや照明といった室内の家電をコントロール出来るようになっていました。

また、ラグーナテンボスのイベント情報をテレビから確認出来たり、無料の貸し出しスマホも設置されていたり。

割引やパンフレット
パンフレット

目の前はヨットハーバー
目の前はヨットハーバー

変なホテルのベット
変なホテルのベット

パジャマとバスタオル
パジャマとバスタオル

客室の入り口側
変なホテルの客室入り口

今回は、ヨットハーバー側の客室しか空いていなかったのですが、ラグナシア側の客室であれば、室内からプロジェクションマッピングや花火を見る事が出来るようです。

※花火が上がっている際に屋外で確認してみましたが、ラグナシア側の客室であれば、確実に室内から大迫力の花火が見られると思います。

夕食を食べにラグーナのフェスティバルマーケットへ!!

しばらく休憩してから、長男君を連れて周囲を散歩してみたりと、チェックインから小一時間ほどくつろいだ後は、夕食を食べるためラグナシアの向かいにある、フェスティバルマーケットへ向けて出発しました。

※部屋を出る際、カードキーが必要になるので、ドア横の差込口から取り出すと、室内の照明やエアコンの電源が切れる仕組み。

変なホテルからフェスティバルマーケットまでは、歩いて行こうとエントランスを出たものの、スタッフさんに「無料のシャトルバスが間もなく到着する」と教えて頂き、ホテルの前からシャトルバスに乗ってきました。

シャトルバス乗り場!!
シャトルバス乗り場

フェスティバルマーケットへ
フェスティバルマーケットへ

覗くべからず
覗くべからず

連絡通路を渡って…
フェスティバルマーケットへの連絡通路

白ひげとエースの墓
白ひげとエースの墓

シャトルバスは、ラグーナテンボスの主要施設を巡回しているようで、「変なホテル」から「ラグナシア」に停まり、その次は「ラグーナヒル」まで行くとの事。

※乗車時間は2分程度ですが、時間的なタイミングもあったのか、バスの中は通勤ラッシュのような感じで混雑していました。

ラグナシアからフェスティバルマーケットへ向かうと、昨年も記念撮影をした「白ひげとエースの墓」を発見!!

夕食は…
夕食を頂きます

昨年の帰り際に食べた、「和麺カフェ 花ごよみ」さんにて。

食事の後は、フェスティバルマーケットの中をブラブラと散策してみましたが、2階の飲食街以外にも色んな飲食店がありますね。

次回、ラグナシアへ来る機会があれば、1階にあるイートインコーナー「おさかな市場」で食べても良いかも。※美味しそうでした!!

フェスティバルマーケットから変なホテルまでは徒歩5分程度!

駄菓子屋さんでお菓子を購入していると、日が沈んで辺りも暗くなったので、フェスティバルマーケットを出て変なホテルへ向けて出発。

来る時はシャトルバスを利用しましたが、帰り際は散策を兼ねて徒歩で戻る事に。

辺りは暗くなりつつ…
辺りは日が暮れてました

観覧車が綺麗でした!!
ライトアップされた観覧車

ラグナシアを越えて
ライトアップされたラグナシア

歩いて変なホテルへ
歩いて変なホテルへ戻ります

綺麗なイルミネーションが見えます
綺麗なイルミネーションが見えます

子供達の足に合わせて歩いても、ホテルまでは5~10分程度といった感じ。途中、水路から見えたイルミネーションを眺めていると、次男君が立ったまま爆睡モードに…(^_^;)

早朝4時過ぎから起きて、昼寝もせずに丸一日プールで遊べば、体力的にも限界だったのでしょう…。逆に、良くここまで起きていたものだと関心したり。

ホテルに到着!!
変なホテルに到着

変なホテル
ライトアップされた変なホテル

綺麗ですね!!
蒲郡の変なホテル

夜のエントランス!!
夜のエントランス

お花も綺麗!!
エントランスのお花が綺麗!!

フェスティバルマーケットからホテルまで戻ってくると、夜のエントランスはライトアップされていて本当に綺麗でした!!

ホテルの入り口横にある「お花が飾られた壁」も、照明によって植物の影が立体的になるので、昼間とは違った写真が撮れて良いですね!!

フロントでは…
恐竜は受付カウンターに居ます

恐竜のスタッフが…
かなりリアルな動き

お出迎え…
本物みたい!!

ガオォォ~っ!!
ティラノサウルスと記念撮影

二階から撮影!!
夜の受付ロビー

ホテルへ入ると、フロント・クラークの恐竜さんがお出迎え。

これまた、夜になると照明の加減で質感が変わり、細かな動きと共にリアルさが増しますね。到着したタイミングだけでは無く、夜間の記念撮影もオススメです!!

変なホテルの横からもラグナシアの花火が見えます!!

客室に戻ると、20時前になっていましたが、ようやく一段落といった感じの疲労感。間もなく花火が始まるものの、再び出掛ける元気は無い…。と思っていましたがっ!せっかく来たのであれば、花火も見ておこうと長男君を連れて出発!!

客室を出たタイミングは、ラグナシアへの連絡通路が閉鎖されている時間だったので、フロントに居るスタッフさんに「花火をみるなら何処へ行けば良いか」を尋ね、教えて頂いた場所へ向かって小走りで急ぎます。

隣の水路へ!!
花火を見に水路へ

ライトアップも綺麗!なんて話していると…
ライトアップも綺麗

突如として!!
ラグナシアの花火

パァァァ~ンっ!!
突如として花火が始まりました!!

長男君と二人で水路のライトアップに見とれていると、ラグナシアの建物から突如として眩しい閃光が走り、大迫力の花火が始まりました!!

道路を一本隔てた場所で打ち上げられているので、至近距離から見られる特等席!ホテルのスタッフさんに教えてもらって大正解です!!

ヒュ~~~
ラグナシアの花火

パァァァ~ン!!
ラグナシアの花火

バチバチバチバチっ!!
ラグナシアの花火

パァ~~ン!!
ラグナシアの花火

ドン!ドン!!ドンっ!!!
ラグナシアの花火

ヒュ~~~
ラグナシアの花火

パァァァ~ン!!
ラグナシアの花火

パラパラ~…
ラグナシアの花火

綺麗な花火が目の前で打ち上げられるので、花火までの距離感が近かった、宝塚の花火大会を思い出したり…。

あまりの迫力に、長男君は花火が近くて「怖いっ!!」を連発。何度か打ち上げ花火は見た事があるものの、これだけ間近で上がるのは始めてか…。※まぁ、怖いと言いつつ、奥様のアイフォンでしっかり動画撮影してるんですが…(^_^;)

花火の煙が凄い!!
花火の煙が凄い!!

ホテルへ戻ります
ホテルへ戻ります

記念にパシャリ!!
記念撮影

打ち上げ花火が一段落したようなので、ホテルへ戻りつつ記念撮影。こういったアングルで撮影すると、南国へ行ったリゾート気分になりますね。

変なホテルからも花火が見えます!!

ホテルに戻ってきてから、屋外のエントランス写真を撮ったり、長男君と記念撮影をしていると、またまた突如として豪快な花火音!!

まだ終わって無かったのかと思い、先程の場所まで戻ろうとした際、ふと見上げるとホテルの上から綺麗な花火が見えました!!

綺麗です!!
変なホテルからも花火が見えます!!

ホテルのロゴと花火
変なホテルからも花火が見えます!!

エントランスからでも十分見れます!
変なホテルからも花火が見えます!!

しばらくは…
変なホテルからも花火が見えます!!

エントランスから花火観賞!!
変なホテルからも花火が見えます!!

ホテルと花火のコラボも乙なもので、しばしの間は幻想的な空間にマッタリモード。

今度こそ花火が終わったようなので、心地良い余韻を楽しみながらホテルの中へ戻ると、ロビーがライトアップされ恐竜たちが吠えていたりとビックリ!!

ガォォ~!!
ライトアップされた受付カウンター

メッチャ動きます!!
変なホテルの夜ロビー

確認をしていないので定かではありませんが、部屋に戻ってからも「ゴォォ~!」と聞こえる事があったので、夜になると数十分おきにショーのような仕掛けがあるのかも?!

ただ、殆どの方が客室でくつろがれているタイミングなので、このイベントを見ていたのは私と長男君の二人だけ。変なホテルに宿泊された際、ドアの外が騒がしくなったら、客室を出てロビーをチェックしてみて下さい!!(^^ゞ

朝食はChef’s try table(シェフズ トライ テーブル)でバイキング!!

花火を見た後、お風呂に入ってから少しだけ外出しようと思っていたものの、ベッドに転がりながら涼んでいると、あっという間に夢の中…(^_^;)

スマホのアラームで起きると、いつの間にやら午前7時過ぎ。朝食の時間を8時と伝えておいたので、適当なタイミングで子供達を起こして、ホテルにあるレストランへ。

朝食をいただくレストラン
朝食をいただくレストラン

Chef’s try table(シェフズ トライ テーブル)
朝食はレストランでバイキング

テーブルまで案内して頂きます
変なホテルのレストラン

結構混雑しています
結構混雑しています

レストランは混雑気味で、私達の前に並んでいた方々は屋外テラスへの案内となり、暑いけど仕方ないかと諦めていると、案内されたのは屋内のテーブル席。

我が家の奥様曰く、チェックインなどの受付け手続きを行う際、翌朝の朝食を食べる時間を伝える項目があり、その部分を書き込んでおけば、ある程度の時間範囲でテーブルを確保しておいてもらえるのでは?との事でした。

和食や…
バイキングの和食

洋食の…
バイキングの洋食

バイキング形式!!
バイキングの洋食

パンもメチャ美味しい!!
パンは最高に美味しい!!

ラ・ベットラ風?!
落合シェフ監修の料理

このレストラン「シェフズ トライ テーブル」では、伊・仏・和・中の有名シェフが順番に料理をプロデュースするとの事。

変なホテルのオープン後、記念すべき第一弾は「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合シェフが監修した料理となっていました。

次男君も夢中で食べてます!!
次男君も夢中で食べてます

外はテラス席
外はテラス席

やはり朝から暑いですね…
夏は暑いですね

テラス席
テラス席

朝食に関しては、ガッツリと料理が並び種類が豊富という訳では無いものの、一つ一つの完成度が高く、ハッシュドポテト一つとってもカリッとした状態がキープされています。※ペンネなどは、やはり出来たてホヤホヤが美味しいかと…(^_^;)

更には、パンはふんわり風味が豊かで、コーンスープはとろけるほど濃厚で本当に美味しいっ!!落合シェフ監修の料理やパン、洋食コーナーの料理が美味し過ぎて、和食まで手が回りませんでしたが、朝から贅沢な一時を過ごす事ができました!!(*´ω`*)

ラグナシアへ開園15分前にアーリー入園!!

レストランの朝食に舌鼓を打った後は、変なホテルの宿泊者特典として付与される、ラグナシア開園の15分前に入園できる「アーリーエントリー」を利用すべく、急いで荷物をまとめてチェックアウトと出発の準備。

車を動かす必要は無いので、奥様がチェックアウトを行っている間に、子供達を連れて浮き輪やプールの道具を取りに行き、記念撮影を済ませてラグナシアへ向け出発!!

朝日を浴びて綺麗!!
お花が綺麗!!

さぁ!泳ぐぞっ!!
ラグナシアプールへ準備

恐竜に挨拶してから…
ティラノサウルス

ラグナシアの連絡通路へ!!
ラグーナプールへの連絡通路

ラグナシアの入園口!!
ラグナシアへ入園

おみやげも売ってます!!
おみやげも売ってます

リストバンドにお金をチャージ
リストバンドにお金をチャージ

連絡通路を抜けた先に、ラグナシアへの入園口があり、ラグナシアや恐竜のお土産も販売されていました!!※ここで入園券をチェックします。

また、このカウンターにて入園手続きを行いますが、お金をチャージ出来るリストバンドも入手出来るので、入園した後は有料日陰エリアの手続きを済ませば、直ぐに遊び始める事が出来ます。色々と質問も出来ますし、本当に便利です!!

変なホテルの施設紹介と宿泊レビュー!まとめ

今回は、ラグナシアの隣に新設された、ロボットが働く「変なホテル」に宿泊してみましたが、エントランスは壁一面の花が綺麗で、真夏のバカンス気分を盛り上げてくれますし、扉をくぐれば大迫力の恐竜がお出迎え!!※本当にインパクト大です!!

また、恐竜のフロント・クラークも動きがリアルで楽しいですし、話の通じる人間のスタッフさんも親切・丁寧で気持ちが良い!!

ただ…
禁煙室

一点だけ不満点を挙げるとすれば、今回は禁煙の客室を予約したものの、部屋の真下が屋外の青空喫煙所となっており、クーラーの室外機から煙草の煙を取り込んでしまうのか、エアコンを作動させると煙草の香りがプンプンと…。

子供が居るので全室禁煙と安心していたものの、屋外の青空喫煙所から漂う煙草臭さにウンザリ。ポンと設置したコンビニの灰皿みたいな喫煙所では無く、煙をキチッと遮断できる部屋タイプの喫煙室に改善して頂きたいものです。

そうは言っても、唯一の不満点は煙草の煙だけ。

いざ!ラグナシアへ!!
いざプールへ!!

子供達(長男君)は、ロビーに居る大きな恐竜に大喜びでしたし、花火の見物場所を教えて下さったスタッフさんの応対も抜群!!

ラグナシアまでは、徒歩でも車でもアっという間に到着しますし、屋外へ出れば打ち上げ花火も見られて最高!!

ラグナシア旅行(二回目)シリーズ

  1. 幼児や子供にオススメのレジャープール!ラグナシアのレビュー!!
  2. 【当記事】ロボットが働く「変なホテル」の施設紹介と宿泊レビュー!!
  3. ラグナシア旅行!プールと遊園地エリアを遊び尽くす!!
  4. ラグナシアの花火やイルミネーション&ナイトプールについて!!

今後、ラグナシアへ旅行するのであれば、宿泊先は「変なホテル」一択で良いと思います!!※小さなお子様には本当にオススメ!!

という事で、本当に満足度の高い「変なホテル」のレビュー&紹介記事を書いてみました。次回は、フリーパスを購入して遊園地エリアを回った、ラグナシア二日目について書いてみたいと思います!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!今回の投稿と同じ「子供と家族旅行」カテゴリーに含まれている前後記事は、下記のラインナップとなっておりますので、お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

子供と家族旅行』の前後記事

また、このカテゴリーが含まれている「育児&遊び場」には「 16件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。※投稿数は11月24日現在のカウントです。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『育児&遊び場』の新着記事

『子供と家族旅行』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※11月24日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。