釣行に便利なコンパクトで折り畳める網とタモの柄!

釣りに便利なコンパクトで折り畳める網とタモの柄!

シェアして頂けると嬉しいです!

今回は、新しく購入したタモについて。

釣行の頻度が高かった頃は、足場の高い釣り場へ出掛ける事も多く、タモは「ランディングフレームino L」と「テイルウォーク キャッチバーマイクロ 480」の組み合わせを使っていました。

ただ、最近はサーフに行く事が殆どですし、足場の高い場所やテトラは怖くて乗れなくなっています。そんな現状ですが…。

自転車に搭載
イーノの場合

意外とかさばる
結構嵩張る

これから機会が増えるであろう自転車釣行の際、手持ちのタモだと予想以上にかさばってしまい、収まりとバランスが悪く漕ぎ辛い。

という事で、ランディングシャフト自体の長さを抑えて軽量化し、ネット部分も折りたたみの可能な商品を探して購入してみました!!

キャッチバー改とヘキサネットの組み合わせ

愛用していたブラックシープを折ってしまい、代替として買ったキャッチバー改ですが、収納サイズはコンパクトなのにしっかり使えてお気に入り。

気がつけば6~7年使っているので、ランディングシャフトに関しては、テイルウォーク(tail walk)の同シリーズから短い物を。

荷物到着!!
注文した商品が届いた

荷物が到着した際、今までのタモと同サイズだったので、商品が足りないのかと心配になりましたが、中身を7取り出すと思いのほかコンパクトでビックリ!!

ランディングネットとシャフト(玉の柄)
ランディングネットとシャフト(玉の柄)

ランディングネットは、フレームをコンパクトに折りたためる、メジャークラフトのヘキサネット(M)を選んでみました。

テイルウォーク(tail walk) キャッチバー改 スーパーマイクロ300

ランディングシャフトに選んだ『キャッチバー改・スーパーマイクロ300』は、全長3m&仕舞寸法34cmと、かなりコンパクトなサイズですが、河川から湾奥ポイントをカバーできる長さを確保。

この仕舞寸法であれば、ウェーディングの際に持ち込んでも、違和感の無い実用範囲で活躍してくれますね!!

スーパーマイクロ300
テイルウォーク(tail walk) ランディングネット テイルウォーク(tail walk) キャッチバー 改 スーパーマイクロ 300

トップ部分
トップ部分にはウーブン加工を施し補強

全長3m&仕舞寸法34cm
仕舞34cmのショートランディングツール

ノンブランドのシャフトとは違い、メーカー品で価格は7千円~8千円と手頃な印象。

高価な物であれば、二万円前後はする事もあるランディングシャフトですが、この価格であれば導入のハードルも下がりますね。

メジャークラフト ランディングヘキサネット 4ピースM レッド MCHN-4M

今まで使っていた「ランディングフレームino L」の場合、肩に掛けてバイクに乗ると、リアキャリアに引っ掛かったりと危ない事もあったので、使用時のサイズ感は変わらず、フレームが折りたためる物を探してみました。

その条件で幾つかの候補が挙がったものの、最終的にコンパクトにたためる「メジャークラフト・ヘキサネット」に決定!!

ヘキサネット
メジャークラフト ランディングネット メジャークラフト ヘキサネット ネット付き 4ピース M レッド MCHN-4M

6角形状
取り込みに便利なヘキサゴン(6角)形状のランディングネット

カラーはシャフトに合わせ、レッドのMサイズをチョイス。

ヘキサネットの価格は、4千円~5千円前後となっており、シャフトと同じく導入しやすい価格帯です。※サイズによって価格は変わります。

ヘキサネットの組み立て方

コンパクトに折り畳まれているヘキサネットですが、使える状態にするまでの工程も簡単で、畳んであるフレームを起こして広げるだけ。

1.フレームを起こす(縦に伸ばす)
フレームを縦に伸ばす

2.フレームを横に広げる
フレームを横に広げる

3.シャフト(玉の柄)と接続
シャフト(玉の柄)と接続

30秒ほどあれば、使える状態になります。

一方、収納時は逆の手順となりますが、シャフトと接続したままだと折りたたむ事が出来ないので、フレームを取り外して折りたたむ事になります。

ランディングフレームino Lとのサイズ比較

今まで使用してきた『ランディングフレームino Lサイズ』との比較ですが、折り畳んだ状態だと半分チョイといった程度で、随分とサイズ感が違うかと。

一方、ヘキサネットをセットしてあげると、ランディングフレームinoと比べても遜色ない大きさに早変わり。

ランディングフレームinoとヘキサネット
ランディングフレーム inoイーノと比較

長さを比較
長さを比較

ヘキサネットを展開!!
ランディングフレーム inoイーノと比較

ネット部分も深く、これだけのサイズがあれば困る事は無いかと。

自転車や電車移動などの場合、ランディングネットがコンパクトになると、本当に助かりますよね。これだけ持ち運びやすくなれば、十分合格点です!!

コンパクトな網とタモの柄!まとめ

今回は、自転車釣行に向けてネットとシャフトを新調してみましたが、予想以上にコンパクトで大満足!!

一応、お試し感覚でバッグに詰め込み、実際に自転車で出掛けてみたところ、今までのタモとは違い存在感が全く無い。

収納して
収納時の比較

バッグに詰め込み
バッグに収納

自転車移動!!
自転車釣行でも邪魔にならず

感覚としては、普段バッグを掛けながら漕いでいるのと変わらず、今までのようにグラつきや出っ張るサイズを気にしなくてもよくなりました。

こんな感じであれば、自転車にリアキャリア(脱着式)とバッグを装備して、ルアーケースやタモなど釣具一式を入れておくと便利かも?!

ヘキサネットのネジ
コンパクトに折り畳める

接続部分
フレックスアームは使用せず

基本的に、一度構えたポジションから動く事は少なく、移動しながら釣り歩く事は殆ど無いので、ネットとフレームの接続部にはフレックスアームのような折畳機構を入れず、そのまま使う事にしました。

ネットを折り畳む度に脱着するのは面倒ですが、自転車移動のスムーズさを考えると、このコンパクト感は本当に助かります。

車から釣り場へ直行の場合、それほど気にする要素でも無いのかも知れませんが…。かさ張らず持ち運べるランディングツールをお探しなら、この組み合わせはベストマッチな印象ですね!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「インプレ」カテゴリーに含まれている前後記事は、下記のラインナップとなっておりますので、お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

インプレ』の前後記事

また、「シーバス釣り」には「 72件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。※投稿数は7月17日現在のカウントです。

釣行に便利なコンパクトで折り畳める網とタモの柄!
この記事が気に入ったら
『いいね!』&『フォロー』



シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『シーバス釣り』の新着記事

『インプレ』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    2019年3月1日 PM 17:05

    どもです!

    新しいランディングセット、いいですね!
    ガンガンシーバスを掬っちゃってください!笑

    自分も(折りたたみですが)大きいネットしかもっていないんで、Mサイズのネットがほしいと思いながら、未だ買っていません。

    フレックスアームを付けると、疑似大野ゆうきスタイル(笑)になって、移動をあまりしない時でも便利でした♪
    https://garsuisan.naturum.ne.jp/e3063802.html
    ↑こんな感じっす。

    • comment-user
      MACO
      2019年3月2日 PM 21:36

      毎度です!!(^^ゞ

      ガンガンシーバスを掬える可能性は低いものの、出来る限り善処して頑張ります!(笑

      今回、Mサイズにしてみましたが、十分過ぎる大きさですね~。ネットの深さ自体も結構ありますし、何なら一番小さいサイズでも良かったかも??(^_^;)

      てか、フレックスアーム!!
      確かに、疑似スタイルだっ!!(笑

      とりあえず現状のまま使うつもりですが、やっぱり腰やバッグに引っ掛けて動きたいぞとなると思うので、その頃に再度導入を検討してみます~!!(^^ゞ

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※7月17日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。