トップガイド・外れた(破損した)SICリングを交換する方法

トップガイド・外れた(破損した)SICリングを交換する方法

今回は、トップガイドのSICリングを交換(付け替え)するお話。

釣行の準備をしている際、ガイドにラインを通していると違和感が…。よくよく確認すると、トップガイドのSICリングが外れている。

過去にもやらかした事がありますが、キャスト時や移動中にロッドの先端を強く当てると、SICリングが外れて行方不明になってしまいます。
 

釣行後、車からロッドを降ろす際、駐車場の壁か車のシートに「ガツン!」と引っ掛けた認識はあったのですが、まさか外れていたとは…。

という事で、今回はトップガイドのSICリングが外れたり破損した際、別のガイドから付け替える手順や、その他の対処法をまとめてみたいと思います。

SICリング交換・3つの選択肢

まず最初に、SICリングを交換する方法について。

今回紹介する『他のトップガイドから付け替える』方法を含め、SICリングの交換は、大まかに分けて3つの手法を選ぶ事が出来るかと。

SICリング交換の選択肢

  • 他のガイドからSICリングを付け替える
  • トップガイドを付け替える
  • メーカーに出して修理してもらう

上記の中では、『メーカー修理』が確実な方法だと思いますが、納期も掛かるうえ、そこそこの金額(3000円前後)になってしまう事も。

そうなってくると、一番手っ取り早く直せるのは、新しいトップガイド購入し、適当な所でロッドをカットして付け替える方法。

ロッドを切断してガイドを付け替え
ロッドを切断しガイドを接着

ただ、この方法を選んでしまうと、万が一ロッドを手放したい(売りたい)時、数千円単位で査定が下がってしまいます。※経験済み。

なので、今回は別のトップガイドを用意し、そこに付いているSICリングを外して付け替えるという方法にて、修理してみたいと思います。

SICリングの交換方法

SICリングを交換する場合、作業自体に難しい工程は無く、一番重要なのがトップガイドに合致するSICリングを探す事。

取り付けようとしているガイド経を計り、ネットショップで注文する際に、商品が内径・外径どちらの表記になっているか注意する。

到着!!
トップガイド

SICリングを取り外すので、ガイドの素材は安価な物で構いませんが、付け替えるガイドにキッチリ収まる物を用意して下さい。

1.ガイドを熱する

ライターでガイドをあぶる

金属の洗濯バサミなど(今回はプラモ制作で使う『Mr.ネコの手』を使用)でガイドを挟み、ライターで軽く熱します。※熱くなるので直持ちは危険。


2.SICリングを取り外す

SICリングを外す

ガイドをライターであぶった後、プライヤーでSICリングが外れないか押してみる。

熱している最中に、ガイドとリングの接着部分から『フワっ…』っと白い煙が昇るので、これが外れた目安になるかと思います。

外れた!!
リングが外れました

SICリングもトップガイドも、外れた直後は熱を持っているので、直接触らないように注意が必要です。

※濡らしたダスターを用意しておき、外れたSICリングとガイドを包み、しばらくの間(数十秒)冷やしても良いかと。


3.SICリング表面を整える

接着剤の残りカス

ガイドから外れたSICリングには、接着剤が残っており側面は凸凹状態。

スムーズに付け替えるためにも、リングの側面を綺麗に整えておきます。まずは、先程と同様ライターで軽くあぶり…。

接着剤を熱する
ライターで軽く炙る

ジュっと拭き取る
濡らしたダスターで拭き取る

接着剤に熱が入った状態で、濡れたダスターに押し当て拭き取ります。これで、ザックリとバリ化した接着剤を落とし…。

ヤスリで整えて…
ヤスリで整える

完成!!
綺麗になったSICリング

ヤスリを使って、表面を滑らかにしておきます。

接着剤が残っていない場合は、ヤスリを使う必要は有りませんが、手で触って凸凹した感触があるなら、接着面を整えておきます。

※SICリングを貼り付けるロッドに、接着剤の跡が残っている場合は、耐水ペーパーなどで擦って滑らかにしておく。


4.接着剤を準備する

J-Bウエルド オートウェルド 超強力接着剤

前回の『振り出し竿のトップガイド脱着』にも使用した、エポキシ系接着剤『J-Bウエルド オートウェルド』を準備。※前回の記事↓

この接着剤は2剤タイプとなっており、同量を良く混ぜ合わせる事により強力な接着力となるので、3分ほど掛けてジックリと練り合わせます。

良く混ぜ合わせる
2剤を良く混ぜ合わせる

今回も接着面は少なく、練るのは少量で十分。

この接着剤は灰色なので、黒い部分に使用する場合は目立たず良いですね。※独特な臭いがするので、換気をしながら使用して下さい。


5.SICリングに接着剤を塗る

SICリングを綿棒に入れる

次は、練り合わせた接着剤を、SICリングへと塗布します。

その際、リング自体をピンセットで持ち、竹串など先端の鋭利な物で塗っても良いのですが、写真のように綿棒に通して塗ると、後の作業効率もアップします。

接着剤を塗る
SICリングにエポキシ系接着剤を塗る

ピンセットで摘むと、その部分が塗り残しとなってしまいますが、この方法であれば接着剤を全体に塗る事が出来ます。

更には、接着剤がSICリング内部へ付着するのも防げますし、仮止めもしやすくなります。※今回使用したのは『墨入れ拭取り用』の綿棒です。

6.SICリングをガイドへ接着する

綿棒のままトップガイドへ接着

接着剤を塗ったSICリングをガイドへ貼り付けるのですが、ピンセットで作業すると、意外に難しいのがこの作業。

クリアランスが少ないので、真っ直ぐ置いているつもりが、斜めに入っていたりと結構苦戦します。※綿棒を使うと、スパッと一発で位置を決める事が出来ます。

マスキングテープで仮止め
マスキングテープで仮止め

貼り付け位置が決まれば、マスキングテープを使って綿棒とロッドを仮止めし、SICリングが動かないように固定。

※この時、SICリングが浮いていたり斜めになっていると、そのまま固まってしまう可能性もあるので、キッチリと真っ直ぐに押し当てて下さい。


7.接着剤を拭き取る

はみ出た接着剤を拭き取る

湿らせたペーパータオル等で、はみ出た余剰分の接着剤を拭き取ります。

最終的な仕上げは行いますが、接着剤がリングの内部で固形化してしまうと、ラインブレイクの原因にもなってしまうので、この段階で出来る限り拭き取っておく。

ピンセットで圧着
ピンセットで圧着する

綿棒のおかげでSICリングが動きにくくなっているものの、接着剤を拭き取った後は、接着面に多少のズレが生じているので、ピンセットを使って再度圧着。

拭き取り完了!
拭き取り完成

同じように、ガイド内側の接着剤を拭き取る。最終的に、SICリングの周辺に、はみ出た接着剤が無くなれば乾燥へと進みます。


8.接着剤を乾燥させる

接着剤を乾燥させる

SICリングがズレないよう注意し、接着剤の仕様に従い乾燥させる。

※完全に乾燥させると、接着剤に触れている綿棒が固着してしまうので、接着面がある程度固まったタイミングで外してあげる。


9.耐水ペーパーで滑らかにする

細かい耐水ペーパーで整える

丸一日ほど乾燥させ、作業を再開。

はみ出た接着剤が固形化している可能性があるので、細かい番手の耐水ペーパー(今回は1000番)を使って、SICリング内部を軽く整えてあげます。

滑らか!
ペーパー掛け後

実は、綿棒を抜かず寝てしまったので、乾燥後に引き抜くと繊維が残ってしまいましたが、この作業で綺麗に除去する事ができました。

ガイドの内側も…
ガイドの内側にもペーパー掛け

いい感じ!!
ガイド内側のペーパー掛け終了

接着剤がバリのようになっていると、ラインに傷が入ってしまうので、この工程は指で何度も確かめながら、接着面周辺が滑らかになるまで続けます。

※特に、SICリングの内部から内外のエッジに掛け、鋭利な角が残らないよう、感触を確認しながら丁寧に整えてあげる。


10.SICリングの交換終了!!

SICリングの交換完了!!

接着面やSICリング内を整えたら、綺麗に拭き上げて作業終了!!

一応、耐水ペーパーを掛けながらチェックしてみましたが、SICリングとガイドはガッツリと接着されており、釣行中に外れるような事も無いかと。

SICリングを交換する方法・まとめ

今回は、外れてしまったSICリングを、別のトップガイドから付け替えるという作業を行い、手前味噌ながら綺麗にリペアする事が出来たと思います。

本来であれば、トップガイドごと交換してしまうのが手っ取り早いのかも知れませんが、最近はメルカリやらで売りに出すケースも増えてますし、極力ダメージの少ない状態に留めておこうかと、この方法を選んでみました。

※まぁ、気に入っているロッドなんで、売りに出す事は無いと思いますが…。

いい感じ!!
綺麗に交換出来ました

この方法であれば、万が一失敗したとしても、メーカーに出せばトップガイドの交換とスレッド巻きで元通りに復元できますし。

ただ、SICリングが外れるという事は、それを収めていたガイド自体も、ダメージを受けている可能性がありますし、実際このトップガイドも若干歪んでいる部分が…。

交換前のトップガイド
SICリングの外れたトップガイド

一応、今回使用した接着剤は濃度があり、パテのようなイメージで使えるので、隙間が出来そうな部分には余分に盛って対応しましたが、これで再度外れてしまうようであればメーカー行きですね。

ちなみに、この修理で購入したのは、SICリングを移し替える為のトップガイドのみ。費用にして900円弱(送料込み)で済みました。購入したガイドは↓

磯上物、メバルなどルアーフィッシングのライトゲーム他に使われています。ガイド自体の糸ガラミのみならず竿先に巻きつくような糸カラミも軽減でき、ブランクに接着後のラッピングが不要です。

ガイドは使用しないので、素材は何でも良いのですが、SICリングのサイズはキッチリ計る必要があります。

正直、メーカー修理が一番楽かと思いますが、費用を掛けたく無い・ロッドを切りたく無い・短期間で修復したい場合、この方法が最適かと。少し手間は掛かりますが、覚えていて損は無いと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「釣り関連の話」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

釣り関連の話』の前後記事

また、1月25日現在「シーバス釣り」には「 100件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

トップガイド・外れた(破損した)SICリングを交換する方法
この記事が気に入ったら
『いいね!』&『フォロー』




シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『シーバス釣り』の新着記事

『釣り関連の話』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※1月25日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。