釣り場で投げるルアーカラーの選び方

釣り場で投げるルアーカラーの選び方

シェアして頂けると嬉しいです!

今回は、ルアーカラーの選択方法について。

一口にルアーと言っても、様々なタイプの商品が店頭に並び、更にベースカラーや配色によって細分化されています。

ベイトとなる小魚に近い色だったり、白や黒のハッキリした色だったり、蛍光色を使った目立つ色だったり…。

様々なカラーがあります
ルアーカラー

そんなルアーカラーですが、実際に釣り場に立って投げる際、何を基準にカラーを選んでいるのか。

これも、十人十色で様々な考え方があると思いますので、私が基準にしている要素について、例を挙げつつ簡単にまとめてみたいと思います!!

ルアーカラーと釣果について

まず最初に、ルアーカラーと釣果の関連性についてですが、カラーによって引き出せる釣果はあるものの、あくまでも補助的な意味合いが強いかと。

根本的に大切なのは、魚が居る場所(エリア)にルアーを投げて、それに気づいた魚が反応するコースを通して来る事だと思います。

魚の居場所の予測が最重要
河口域

イメージとしては…。
魚の居場所レンジ・コース > カラー・アクション
といった感じ。

状況に合致したカラーを選んでいても、魚の居ない所へキャストをしていたら釣れないので、釣果を得る為に最重要なのは魚の居場所を探す事。

条件が合えばボロボロでも釣れます
ボロボロのルアー

それらの要素をベースに、当日の天候や光の強さ・水質にベイトの有無といったコンディションを考慮し、一番効果があると思うカラーをチョイスする。

なので、ルアーカラー自体は、反応を引き出す為のプラスαといったイメージなのかも知れませんが、そのちょっとした違いが釣果を左右する事もあったり…。

ルアーカラーの種類と効果について

前項でも書いた通り、まずは魚の居る場所にルアーを投げる事が大切ですが、カラーの違いで反応が変わる事もあり、ルアーを選ぶ際に考える要素の一つとなります。

適当に選んで釣れる事もありますが、その場の状況によって、効果的な要素を考えながらチョイスした方が、後々の再現性が高くなると思うので、何故その色を選んだのかを認識しておく事も大切かと。

ただ、現在は一つのルアーに対し、様々なカラーが販売されているので、選択に迷ってしまう事も。一応、本当にザックリと大きなカテゴリーに分けると、下記二種類のどちらかに属するかと思います。

自然に近いカラー

自然に近いカラー

見た目がベイトに近いような、ナチュラルな印象のカラーで、昼・夜、澄んでる・濁ってる等を問わず、基本的にはオールマイティーに使える便利色。

銀色やホログラムをベースに、各色を塗り重ねた物や、透明感のあるクリアボディで透けている物、ピカピカと光ってフラッシング効果の高い物等。


シルエットくっきりカラー

シルエットくっきりカラー

白や黒など、ハッキリとした配色で、反射が少なくシルエットを強調するカラー。主に濁りの強いシチュエーションや光の中など、存在感を感じさせる色。

白色をベースに蛍光色を塗り重ねたチャート系や、淡く光るグロー系、蛍光色・黒色といったコントラストの強いカラー。


上記以外にも細分化されており、両方のジャンルが入り混じったカラーもありますが、便宜上この2種類にジャンル分けしました。

欲しいルアーがあった場合、予算的に1つしか買えないのであれば、色んなシーンで使いやすい「自然に近いカラー」を選んでおけば良いかと思います。

ルアーカラーの選び方ついて

前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題です。冒頭でも書いた通り、カラーチョイスの基準は十人十色だと思います。

様々な考え方がある中、私の一例として挙げると、当日の「水質」や「光量」を見て使用するルアーのカラーを決める事があります。例えば…。

笹濁りの場合

水質が緑っぽい笹濁り

魚が釣れやすいとされる、若干緑掛かった水質の場合、緑を取り入れた周囲と馴染みやすい色を選ぶ事が多いです。


透明の場合

クリアウォーター

透明度が上がり、水質がクリアになってくると、魚も表層に出辛くなるので、ボトム周りの色に合わせて選んでみたり。


濁りがキツイ場合

ブローウィン

雨が降った翌日など、濁りの強い場合はルアーの視認性が落ちるので、シルエットが浮き出る膨張色を使う事が多いです。

水質に馴染ませるカラーチョイスについて

前項にて、ルアーチョイスの一例を挙げてみましたが、ルアーのタイプやカラーにしても、セオリーとして「強いものから弱いもの」という概念があるかと。

極端な例を挙げると、波動の強い鉄板で反応しないから、フォローとして対極的なソフトルアーを通してみる。フラッシング効果の高いカラーから、ナチュラルカラーに交換するといった感じ。

これは、アクションやカラーに対して『スレ』の話になりますが、強い物には惹きつける力があるものの、飽きて見切られる周期も早くなります。

フラッシング効果の高い物など
シャルダス

この『スレ』の観点から、「強いものから弱いもの」というセオリーになりますが、近年は釣り場自体のプレッシャーも高く、入れ替わりで随時ルアーを投げ入れられているポイントも多いかと。

なので、個人的には魚に違和感を与えにくい、水質や周囲の環境に馴染ませるカラーを先発させる事が増えています。※濁りの場合は除く。

水の色に近いカラーチョイス
チビ冷音

イメージとしては、周囲に同化しつつ、何かしら動いている物体があると認識してもらえる程度の配色。

釣り場自体にスレが進んでいるような場合、ルアーチョイスと共にカラーの馴染み具合に気を配ると、また別の反応を得られる事もあるかと。

ルアーカラーを選ぶ時の注意点

釣具屋さんでルアーを購入する際、使用するシーンをイメージして選ぶ事もあると思いますが、ルアーカラーが単色では無い場合、お腹側と背中側の配色も意識する。

例えば、魚が見上げるような位置から食い上げてくる場合。実際に引くレンジは表層が多くなり、魚が目にするのはお腹側のカラーという事に。

お腹側のカラー
アイマ。コスケ85F(マコイワシとチャートバックパール)

実店舗でルアーを購入する時は、ルアーアクションのイメージをしながら、下側から眺めて実際の見え方(カラー)を確認したり。

お腹側のカラーについて

個人的な感覚として、お腹側のカラーは「赤」「ピンク」「オレンジ」など、ダメージを受けていると連想させるカラーが好みで多用します。

青と赤系の組み合わせ
バリッド

一般的にブルピン(ブルー・ピンク)をベースにした配色ですが、ナチュラル系の中にワンポイントの攻める色が有り、魚を惹き付ける要素もあるような…。※気がするだけかも知れませんが…。

という事で、ルアーカラーを選ぶ際は、全体的にボヤっと見るのでは無く、使用をイメージして多角的に確認する方が面白いかと。

釣り場で投げるルアーカラーの選び方・まとめ

今回は、ルアーカラーについて書いてみましたが、多種多様な考えがある項目だけに、簡単な例を挙げるだけで終わってしまいました。

ただ、漠然と選んだ色を投げるより、何かしら理由付けをしてから使い、実際に釣れれば再現性の引き出しが増え、イメージ力もアップすると思います。

馴染ませたり…
グリキン

目立たせたり…
ピンク

文中で書いた通り、最近の釣行では周囲に馴染ませるような選択が多いのですが、釣り人の多いフィールドでは意外と有効打になる事も。

まぁ、これだけ色々と書いても、実際は何気なく選んだ色や、好きな色で釣れる事も多々ありますし、そこまで神経質にならなくても良いかも知れませんね…。

兎にも角にも、状況に合わせたカラー選びと、購入時には多角的に配色をチェックすると、面白さを掘り下げる事が出来ると思います!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「テクニック」カテゴリーに含まれている前後記事は、下記のラインナップとなっておりますので、お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

テクニック』の前後記事

また、「シーバス釣り」には「 55件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。※投稿数は4月23日現在のカウントです。



釣り場で投げるルアーカラーの選び方
この記事が気に入ったら
『いいね!』&『フォロー』


シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『シーバス釣り』の新着記事

『テクニック』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※4月23日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。