シーバスPEパワーゲームのオススメポイントと使用レビュー

シーバスPEパワーゲームのインプレとオススメ理由


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、長年使っているPEラインについて。

シーバス釣りにPEラインが登場した頃、ファイヤーラインから使い始め、その後はキャストアウェイを使っていました。

PEラインに関しては、それほど多種に渡って使った事は無く、この二種類の後にFOを試し、次に『シーバスPEパワーゲーム』を使ってからはコレ一択。

シーバスPEパワーゲーム

かれこれ10年近く使っていると思いますが、自分の中では他のラインに目移りする要素が無いほど気に入っています。

最近は価格も上がっているようで、気軽に巻き替えられなくなったものの、個人的に大好きな『シーバスPEパワーゲーム』についてまとめておきます。

10年使っても飽きない使い心地!

まず最初に、PEラインと言えば選択肢は一択というほど、ナイロンからの転換期に多く選ばれたのが『ファイヤーライン』かと思います。

ファイヤーラインに関しては数年間使ってみたものの、自分の中で4本編み(撚り/ブレイド)特有のザラッとした感じと、凹凸からくる心許ない印象が気になり、他のラインへと乗り換えてみる事に。

次に使ったのが、8本編み(撚り/ブレイド)の『キャストアウェイ』で、編み込み密度が増えた事により滑らかさが上がり、キャストフィーリングは良くなったものの、魚を掛けた際の糸鳴りが気になり断念。

そして、次に選んだのが同じ8本編み(撚り/ブレイド)の『シーバスPEパワーゲーム』でした。それでは、インプレやお気に入り要素をリストアップしてみます。

おすすめポイント

  • リトリーブ中の滑らかさ
    ラインを巻き取っている際、糸鳴りがする事無くスムーズで滑らか。余分な抵抗が掛からない印象で、シルキーな巻心地が本当に使いやすい。
  • 飛距離アップ
    しなやかで癖が無く、ガイドを通るラインも滑らかなので、キャスト時の飛距離がググっと伸びる印象を持っています。
  • 視認性の良い白色
    当時は深夜釣行が中心だったので、夜間の暗闇や明暗へキャストすると、白いラインがハッキリと目視でき、ラインの位置や張りを確認しやすい。
  • スムーズな放出
    ライン自体が滑らかなので、キャスト時の抵抗も少なくなっているような感覚。ラインを巻替えた直後は、飛距離もグンっと伸びる印象。
  • 巻き癖がつきにくい
    ラインを上に向けると、ピンっと立ち上がる張りのある種類では無く、すぐに下を向くしなやかなタイプなので、リールの巻き癖がつきにくい。
  • 染料不使用
    ラインには色が入っておらず、釣行中の水分によって染料が溶け出し、色落ちで手が汚れる事も無いので快適。
  • 独自のコーティング
    しなやかさに重点を置いたコーティングで、水分を含んでも違和感が全くない。染料と同じく、使用中にベタつくトラブルも無く使いやすい。

最大の特徴はリトリーブの滑らかさ!!

前項でも書いた通り、『シーバスPEパワーゲーム』最大の特徴は、使用中の滑らかさにあるかと思います。

編み込み密度が高い8本編みとなっており、表面の凹凸が少なくツルツルと滑らかなので、キャストをしても最後の一押しが効くような伸びる感覚ですし、リトリーブ中の巻き心地は本当に羽のよう。

手元に余計な雑味を伝えない
タイニー冷音

魚を掛けた時も、ガイドを通る抵抗を感じず、糸鳴りする事無く巻けるので、魚とダイレクトに繋がっているイメージに。

また、ラインが白色というのも好印象で、深夜の暗い釣り場でもラインスラッグや張り具合を視認し易いですし、ラインに出るアタリの様子も確認しやすい。
※勿論、デイゲームでも良く見えます!!

この2つの特徴は、シーバス釣りにおいて有利なアドバンテージになりますし、使っていて飽きる事はありません。

一方、唯一気になる点があるとすれば、水質の悪い場所で使用すると、綺麗な白色が一気に汚れてしまう事くらいかと。

巻替え直後
シーバスPEパワーゲーム 巻き替え直後

汚れた海で使用後
シーバスPEパワーゲーム 使用後

巻き替えたばかりの時は、真っ白でウットリする綺麗さなのに、使用していくたびに汚れて茶色っぽくなるのは残念。

※初夏から夏前など、水が悪くなるタイミングで釣りをすると、2~3回の釣行で写真のように汚れてしまいます。

エアノットについて

ライン同士が複雑に絡み合い、キャスト時にモジャっとした塊が放出されるエアノットですが、シーバスPEパワーゲームは張りが少なくしなやかなので、しっかりと着水前のフェザーリングを行うようにして下さい。

着水直後、リトリーブ開始時にフカっと巻き込んでしまうと、エアノットが形成される可能性も高くなってしまいます。

※このラインを10年近く使っていますが、エアノットで困った記憶は殆どありません。(片手で数えられる程度か)

それらも、ライン由来のエアノットでは無く、糸巻き量の過多やフェザーリング不足によるものだったと思います。

シーバスPEパワーゲーム・まとめ

ロッドやリールと同じく、自分のフィーリングと合うラインを探すのも大変なラインですが、魚と繋がる大事なツールですし、釣行中は長く使う物なので、しっくりくるお気に入りを使いたいですよね。

今回紹介した『シーバスPEパワーゲーム』は、8本編み滑らか白色NO染料独自コーティングと、私の好きな条件が揃っているライン。

一方、ラインは黄緑やピンク等のカラーが入っていた方が好きな方や、4本編みが好みの方からすれば役不足になるかも知れません。

現在は0.8号を使用
シーバスPEパワーゲーム

ご自身の遊ぶ釣り場によっても、必要な条件が変わってくると思いますが、リトリーブ中の滑らかさとラインの見やすさはピカイチ。

また、クリーニング屋さんに出したようなバリっとカチカチの手触りでは無く、コーティングも薄っすらなので、適度な張りとしなやかさが丁度良い。

ライン選びに迷われているなら、一度試してみて下さい!!

※巻き替えを検討される際、ネットや通販では5000円を超えるような価格になっていますが、釣具屋さん等を巡れば3000円前後で販売されている事もあるので、まずはご近所の釣具屋さんから探してみて下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「インプレ」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!



また、2月6日現在「シーバス釣り」には「 175件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:『』|Posted By


『シーバス釣り』の新着記事『インプレ』の人気記事『当ブログ』の新着記事
コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。