シーバスの釣れる場所と自分で釣り場を探す方法

魚の釣れる場所・自分で釣り場を探す方法

今回は、釣り場の探し方について。

その日の釣果を左右する要素の中で、結構なウェイトを占めるのが釣り場の選定。何処へ出掛けるかによって、ガラッと釣果が変わってしまう事も。

ただ、釣りを始められたばかりの場合、何処で魚が釣れるのか・どういう場所へ行けば良いのか、手探り状態で分からない事が殆どかと…。

実際に見るのも大事!!
自転車釣行

釣り場の選び方に関しては、その時の天候や潮といった他の要素も強くなるので、追々細かな記事を書く事にして…。

今回は、どういった部分に意識を向けて、魚が釣れそうな場所を探しているのか。実践形式で具体例を挙げつつ、簡単にリストアップしたいと思います。

釣り場を探す方法について

まず最初に、自分の中の釣り場を増やす方法についてですが、一般的に考えると3パターンほど思い浮かびます。

釣具屋さんで聞く

釣具屋さんで聞く

これから釣りを始める人にとって、一番手っ取り早いのが、釣具を買ったお店で「何処に行くのが良いですか?」と、ストレートに質問して教えてもらう。

地元の釣具屋さんであれば、近隣の釣り場も知っていますし、足場が良い・広いといった、初心者さん向けのポイントを教えて下さると思います。

また、釣具屋さんのホームページには、近隣の釣り場をまとめた地図等が掲載されている事もあるので、合わせてチェックしておくのも良いかと。


釣り人に聞く

釣り人に聞く

釣り場で出会った人と仲良くなった場合、初心者である事を告げてから、おすすめの釣り場を聞いてみるのも一つの方法。

気の良いアングラーさんなら、釣りをしやすい近隣の釣り場や、最近の状況を踏まえたオススメの釣り場を教えてもらえる事も。

ただ、基本的に「釣り場=財産」という考えもあるので、こういった話を嫌がる方も多いですし、失礼に当たるケースもあります。

なので、むやみに聞かず、会話の流れで聞ければ程度に留め、教えて頂いた際は感謝の気持ちを伝えるようにしたいところです。


航空写真を見ながら自分で探す

航空写真を見ながら自分で探す

近年の主流。以前は数千円する航空写真の釣り場マップを購入していましたが、現在はグーグルマップを使えば、あっという間に確認する事ができます。

初めて行く場所や、地元の近隣スポット等、自分一人で好きなように探せますし、そうして見つけた釣り場で魚を出せれば喜びも倍増します。

ただ、実際に行ってみて入れなかったり、予想以上に高く危険な場所だったりと、釣りが出来ない事もありますが、個人的には一番のオススメです。

航空写真を見ながら魚が釣れる場所を探す方法

釣り場の探し方は、前項のようなイメージとなっていますが、初めて釣りに行く場合や釣行数が浅い場合は、釣具屋のスタッフさんに聞くのが無難かと。

そこから数回通ってみて、別の場所で釣りをしてみたくなったら、先程も書いた通り、グーグルマップを見ながら自分で探すのが良いと思います。

Google Map
Google Map

一応、具体例を挙げてみますが、釣り場としての要素は沢山有り過ぎて、何かしらの抜けが出るかと思います。※気がつけば随時追加のスタイルで。

とりあえず、自分が知らない初場所で、釣り場を探すならといった視点にて、可能性を感じるスポットのリストアップをしてみたいと思います。
対象魚は、主にスズキ(シーバス)を想定。
赤=重要・黄=要注目・青=簡単にチェック。
今回は、Twitterのフォロワー「ウグイ」さんを訪ね、上海へ釣り旅行といった体裁にて、釣り場になりそうな要素をピックアップします。

漁港

1.漁港や港

一般的によく見かける漁港や港といった場所は、船の停泊用に水深が確保されている事が多く、地形(水深)の浅い深いといったメリハリの効いたスポットも。

また、コの字になっているので、フィッシュイーターがベイトを追い込むには最適。一度ベイトが溜まると、釣れ続くような時合に出会う事もあります。

流れの当たる面や、護岸の角などが主な狙い所。反応が無ければ、直線になっている足元を探るのも効果的です。


河川の合流点

2.河川の合流点

大規模河川へ流れ込む、中・小規模河川の周辺は、捕食対象となるベイトの集まる場所も多く、砂の堆積による地形変化や流れの当たる面など、重要な要素が沢山。

大規模河川と中・小規模河川の流速差により、遊泳力の弱いベイトは流されやすく、それを捕食するフィッシュイーターの餌場になります。

流れの変化や地形により発生する潮目、流速の穏やかな岸際へ寄るベイトを、浅瀬に追い込めるような地形変化が最重要スポット。


サーフの沈み根

3.サーフの沈み物

一見、何の変哲もない砂浜に見えても、キャストで届く範囲には、波を穏やかにして砂の流出を防ぐ為の消波ブロックや、ゴロタといった硬い物が沈んでいたり。

砂浜からゴロタや蠣瀬といった具合に、底質が変化している部分は、フィッシュイーターが身を潜めるのに最適で、ベイトも追い詰めやすく恰好の餌場に。

ただ、通常時にルアーで探ろうとすれば根掛かりが頻発する為、大潮の干潮時に自分の目で見て、周辺の底質を確認しておく事が大切です。


流芯

4.流芯

淡々と水が流れているように見える河川も、底には様々な地形変化が有り、その中でも流れの本筋が通る深い部分を流芯と呼びます。

この部分は、シッカリと流れが効いている事も多く、遊泳力の弱いベイトは流されやすい。また、そのベイトを捕食する為、流芯の際に沿って移動してくるフィッシュイーターを狙うのもセオリーの一つ。

河口部分であれば、大潮の干潮時に目視で確認する事が出来ますが、随時水が流れているような場所では、潮目やルアーの引きが重く感じる部分を探して下さい。


直線の中にある変化

5.直線の中にある変化

外海に面した港湾部や、整地された河川等で見かけるシチュエーションですが、真っ直ぐに続く護岸にある、ちょっとした変化は魚が集まるスポットになります。

写真のように、真っ直ぐ護岸の中にポツンとある橋脚や、少しだけ護岸に角度が付いた変化部分は、ベイトの溜まり場にもなりやすく狙い目。

航空写真をパッと見て分かるポイントになるので、他の釣り人が入っていたり、プレッシャーが高くなっている可能性もありますが、要チェックのポイントかと。


水路の合流

6.水路の合流

水門が設置されているような場所に多いシーンですが、細い水路が合流していたり、水門を挟んで川幅が変わるようなエリアも要チェック。

水路の合流点は、流れの変化も出やすく、岸際を泳いで来たベイトも溜まりやすい。それに加え、上流・下流で川幅が変わる部分は、必ず流れの強弱が出る事になるので、フィッシュイーターの餌場に最適。

航空写真で確認する場合、川幅の変化にも意識を向けつつ、流れの変化が出やすい場所を探し、ベイトの溜まりそうなスポットからアプローチするようイメージ。


護岸の変化

7.護岸の変化

中規模河川で良く見かけるシチュエーションですが、前項までの「川幅の変化」「小規模河川の流れ込み」といった、複合的な要素を持っているスポット。

こういった部分も、「ベイトが溜まる+フィッシュイーターが集まる」の図式が成立しやすく、ベイトを追い込んで捕食できるので恰好の餌場。

流れ込みや川幅の変化を中心に探り、流れの向きを見ながら立ち位置を変える。また、地形のカドになっている流れを巻き込むような場所も、フィッシュイーターの捕食スポットになります。


貨物護岸

8.貨物護岸

流通の多い港湾部に良くある、貨物タンカーが接岸・停泊するような護岸は十分な水深があり、足元を探るには絶好のポイントに。

沖に形成される潮目や、足元の護岸や、タンカー等によって作られる影といった要素が狙い目になります。

ただ、近年こういった場所は関係者以外立入禁止になっている事も多く、入れたとしても仕事をされている方々が居るので、邪魔にならないよう配慮が必要です。


小さな流れ込み

9.小さな流れ込み

意外と盲点になっているのが、前項のような水深のある貨物護岸周辺にある、小規模河川からの流れ込み。

水深が深いエリアの近くにあるシャロー(浅い場所)や流れ込みは、ベイトが溜まりやすく抜けにくい印象で、タイミングが合えばスーパーボイルに出会える事も。

フィッシュイーターを対象にする場合、貨物護岸などにビッシリと並んで釣りをしているイメージですが、こういう不人気(マイナー)スポットで一人爆釣というケースも多々あるので要チェックです。


河川の分岐点

10.河川の分岐点

上流側から河川が分岐しているスポットの頂点は、強い流れが当たり、複雑に巻き返しながらヨレるので、ベイトが流されやすく捕食スポットに最適。

下流へ向けて合流している部分も、流れの巻き返しや流速差による流れの変化が発生するので要チェック。

ただ、こういった部分は人気ポイントになりやすく、先行されている可能性も高いので、周辺にある第二・第三候補を探してから、実際に出掛けてみる方が無難かと。


橋

11.橋の明暗や橋脚

昼夜共にド定番となる、橋によって形成された明暗(街灯や太陽の影)、橋脚に当たって出来る流れのヨレ等が狙い所。

昼は太陽を避けフィッシュイーターが集まり、夜は街灯の明かりに寄ってくるベイトを求め、これまたフィッシュイーターが集まる。

基本的に、水面までの距離が低ければ低いほど、強い明暗が出来るので良ポイントになりますが、絶対に守らなくてはならないルール、橋の上から釣りをしない・歩行者が居る場合は絶対にキャストしないよう注意が必要です。


河川の分岐と流れ込み

12.連続する河川の分岐と流れ込み

写真のように、流れ込みや河川の分岐が複合するようなポイントは、流れの変化が出やすく、絶好の捕食スポットになります。

また、複数河川の流入によって、栄養分を豊富に含んだ水が運ばれたり、暑い時期でも比較的水質が安定しているので、条件の良い場所を求めベイトも集まりやすい。

流れ込みによって出来た流速差や、巻き返しが起こりやすいカド、流れの当たる護岸など、様々なアプローチを楽しめるポイントになっているかと。


建造物や木の影

13.建造物や木の影

こちらも、盲点となりやすいポイントで、時間によって位置が変わる、ビルや街路樹の落とす影が絶好の狙い目になる事も。

基本原理は明暗の項目と同じですが、太陽の光を避けるため影に集まる魚も多く、影が落ちる護岸の足元にステイしているフィッシュイーターも居ます。

こういった影を狙う最大のメリットとしては、時間によって狙うスポットが変わるので、航空写真を見て分かるようなポイントと違い、プレッシャーが低く魚が居れば一撃で釣れたりします。


自然の残る岸際

14.自然の残る岸際

一見、何の変哲も無い河川ですが、コンクリートで整地された護岸では無く、木や草によって作られている岸際は、溶け出す栄養分も豊富でベイトの集まるスポットに。

実際のところ、河川で釣りをしていると、足場の良いコンクリート護岸より、こういった木やアシ際でボイルが多発する事の方が圧倒的に多いかと。

ただ、水辺まで出ようとすると、藪漕ぎが必要になったり、足場がぬかるんでいたりと、それなりに危険な事も多いので注意が必要です。


大規模河川へ流れ込む小規模河川

15.大規模河川へ流れ込む小規模河川

大・中規模河川へ流れ込む、街中を流れる小規模河川も比較的盲点になりやすく、人的なプレッシャーは低いかと。

実のところ、水路で繋がっていれば、大規模河川から離れた街中の「こんなところで?!」と思うような場所でも、フィッシュイーターが釣れたりもします。

ただ、そういった場所は民家から近かったり、歩いている人が居たりと気を使う要素も多いので、他の方に迷惑の掛かる場合は竿を出さない決断が必要です。

魚が釣れる場所を探し出すヒントについて

前項にて、航空写真から探せる、釣り場になりそうなスポットについて書きましたが、実際に出掛けた場合、どういった部分に注目すると釣れやすいのか。

この項目に関しては、各要素ごとに詳細記事を書こうかと思っているので、ザックリとした紹介になりますが、魚を釣る為のヒントとなる代表的な要素を、簡単にリストアップしてみます。

流れの筋

1.流れの筋

河川や海でも同じですが、流速差やヨレといった変化が原因で、流れによる筋が出来ている事があります。

釣り場に立った際、こういった筋が見えるようであれば、その周辺を(ボトムからの巻き上げを含め)重点的に探ると、魚が食ってくる可能性もアップするかと。

また、こういった筋が護岸や岸壁に当たっているようであれば、そういった行き止まり部分の周辺もキーポイントに。


色が変わっている所

2.色が変わっている場所

昼間の釣行であれば、偏光グラスを掛けていると、足元の岸や離れた水中に、薄茶になっているスポットを見つけられる事があります。

こういった部分は、砂が堆積して浅くなっており、その浅瀬にはベイトも溜まりやすくなっています。

また、その周りにある深場では、浅瀬からこぼれるベイトを捕食しようと、フィッシュイーターが潜み恰好の餌場となるので、重点的に要チェック。


ツルンとした水面

3.ツルンとした水面や潮目

地形の変化や流速差によって、写真のようなツルンとした帯や、ザワザワの細かい部分と荒い部分といった、境目が出来る事があります。

他の項目でも書いてきましたが、こういった変化の部分にベイトが集められる事も多く、遊泳力の弱いベイトの動きが制限されたり。

そういったベイトを狙ったフィッシュイーターも、水面の変化に現れるラインに着く事があるので、他と違う部分を見つけた時はチェックが必要。


橋脚に当たる流れのヨレ

4.橋脚に当たる流れのヨレ

橋脚に当たった流れは、その周辺を取り囲むようにヨレながら、ベイトを巻き込み下流側へ向かいます。

橋脚に流れが当たる事により、その接地面となる基礎部分は、水の力によって徐々に掘られるので、フィッシュイーターが潜む恰好の待機スポットに。

そこへ、ヨレによって動きを制限されたベイトが流されてくると、効率良く捕食が出来るので、橋脚の側面や周辺は要チェックです。


護岸や街灯の明暗

5.護岸や街灯の明暗

足元の護岸が落とす影や、夜間の街灯によって形成された明暗など、光による「明るい場所」と「暗い場所」の周辺も、重点的に探るオススメのスポット。

暗い場所に潜んでいるフィッシュイーターが、その境目付近を通るベイトを捕食するタイミングを狙う、明暗の釣りはセオリーになっています。

周辺を泳ぐベイトが、暗い側へ入って行かない時、または周辺に強い流れが発生している時など、明暗を狙ってみる価値は十分あります。


鳥が沢山居る場所

6.鳥が沢山居るスポット

釣り場を見渡した際、複数の鳥が水面近くを旋回していたり、水面に刺しているような状況は、何らかのベイトフィッシュが回って来ている合図。

その下には、ある程度のベイトが泳いでいると想定出来ますし、捕食者達から追われ遊泳密度も高くなり、フィッシュイーターが着いている可能性も高い。

こういった鳥山がキャスト範囲に入ればチャンスですが、ラインを引っ掛けてしまわないよう、鳥の動きを読みながらキャストするのが重要です。


ルアーの引きが重くなる場所

7.ルアーの引きが重くなるスポット

パッと見た限りでは、これと言った変化が無いような状況でも、ルアーを引いているとリトリーブの感覚が重くなるスポットがあります。

そういった場所では、流れの向きが変わっていたり流速差が出ていたりと、何かしらの違いが発生している事が殆ど。※上下(縦)のレンジ変化を含む。

なので、リトリーブ感の重くなるスポットを見つけた場合、その直後はバイトの発生に意識を向けつつ、周辺を丁寧に探ると魚が釣れる可能性も上がります。

魚の釣れる場所と釣り場を探す方法・まとめ

今回は、魚が釣れそうな場所の特徴や、そういった所へ出掛けた際に狙ってみる要素をリストアップしてみましたが、正直なところ他にもまだまだ沢山あります。

どちらにも共通で言えるのは、闇雲に釣りをするのでは無く、自分の頭の中で釣り場のイメージを膨らませて、地形や流れ・光など、何かしらの「変化」を探して釣りをするという事。

こんなちょっとした隙間に着く事も
石の隙間

また、航空写真を見ながら探した釣り場に関しては、実際に出掛けてみると入れなかったり、立入禁止になっている場合もあるので、無理に侵入せず、第二・第三候補へ移動して下さい。

車で釣行される場合は、航空写真の釣り場とセットで、近隣にあるコインパーキング等を探し、必ず駐車場を利用して下さい。

行きたい場所を表示させ、メニュー欄にある検索ボックスに「駐車場」と入力して実行すれば、近隣の駐車場がリストアップされます

駐車場はGoogle Mapでも探せます
グーグルマップ

長々と書きましたが、こういった要素がある事を何となく頭に入れておき、実際に釣りをしてみて魚が釣れたり、感じる事があれば可能な限り覚えておく。

その経験を別の場所に活かしても良いですし、同じ場所に通って時系列で釣り場の特徴を手に入れるのも良いかと。

経験を貯めていくのも釣りの一部!!
PB-13のスイムチェック

兎にも角にも、まずは他と違う要素を見つける。次に、イメージを膨らませながら釣りをしてみる。そして、その内容を覚えて以降の釣りに活かす。

この繰り返しで、自分の釣りに厚みが出ると思いますが、毎回発見があるのも釣りの醍醐味なので、自然相手の遊びは奥が深いですね!!

※のんびりと書き続けている「シーバス入門シリーズ」ですが、可能な限り順を追って綴ろうと思っていたものの、既にアレやコレやと複雑な状態に…。

アレを説明するならコッチが先か?と手が止まる事が増えたので、以降は順不同気味になると思いますが、興味のある記事を適当に読んで頂けると嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「テクニック」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

テクニック』の前後記事

また、11月13日現在「シーバス釣り」には「 93件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シーバスの釣れる場所と自分で釣り場を探す方法
この記事が気に入ったら
『いいね!』&『フォロー』




シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『シーバス釣り』の新着記事

『テクニック』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※11月13日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。