服を入れて飾る額縁とディスプレイ方法

服を入れて飾る額縁とディスプレイ方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、自宅に衣服を飾る方法について。

少し前に、プレミアムバンダイの再販にて、仮面ライダーオーズで登場する『明日のパンツ』を購入する事が出来ました。

かなり人気の商品で、メルカリなどでは定価の3倍以上で販売されている事もありますが、今回は販売元からの再販だったので定価でゲット!!

タイミング良く購入する事が出来た『明日のパンツ』を、ただのコレクションとして仕舞っておくのは勿体ないので、部屋の中に飾ってみる事に。

今回は、衣類をディスプレイとして仕上げるまでの工程を書いてみます。服やハンカチ・タオル等を飾りたい時の参考にしてみて下さい。

立体的な額縁(フレーム)を探すキーワード

ドラマや雑誌で、部屋の壁に飾られたスポーツタオルやユニフォーム等を観た事があると思います。

そういったイメージで、通常の額縁やフォトフレームでは無く、数センチの厚みがある立体的な額縁(フレーム)をディスプレイに使いたいと思ったものの…。

この額縁(フレーム)を探す語句に大苦戦。最初は『額縁 服』や『フレーム 立体』といった検索ワードで探したものの、思うような結果が得られず…。

立体的な額縁(フレーム)を探すワード

  • アートフレーム
  • ボックスフレーム
  • 立体額
  • ユニフォーム額

色々と調べた結果、上記のようなキーワードで検索を掛けると、衣類をディスプレイ出来るような立体的な額縁(フレーム)を見つける事が出来ました。

これらの中でも『アートフレーム』や『ボックスフレーム』といったワードのヒット率が高く、楽天でもAmazonでも相当数の商品を比較する事が可能。

一方、ユニフォーム等のディスプレイで、A3サイズを超える大型衣料を飾りたい場合、『ユニフォーム額』での検索が効率的かと思います。

今回は…
A.P.J. アートボックスフレーム(高さ:35mm) A3サイズ(297×420mm)ホワイト

Amazonにて『A.P.J. アートボックスフレーム』という商品のA3サイズ(ホワイト)を選んでみました。

※今回は、表面がアクリル仕様になっている物を購入。サイズが小さくなると、ガラスタイプもあるようです。

レイアウトと仕様を決める

フレームが到着したら、実際に飾る為の場所を確認しながら、縦・横どちらにするか・どういった形状で衣服を飾るのかを検討しました。

今回飾るのはトランクスなので、ベッタリと全面に広げて隙間なく飾るか、折りたたんでスペースを確保して飾るか…。

フレームと明日のパンツ
飾りたい衣類とフレーム

レイアウトを考えていると、次男君が変身ベルトに付属するコアメダルを持ってきて、「これも一緒に入れて良いよ!」と譲ってくれましたが、フレームに入れてしまうと遊べなくなるので、気持ちだけもらっておきました。

ただ、飾る物が平面だったりボリュームが無い場合、こういった立体的なオプションも入れてあげると、ディスプレイとして引き立ちますよね。

コアメダルとパンツ
飾りたい衣類のレイアウト

色々と検討した結果、フレームは横向き・トランクスは折りたたんで飾る事に。

ただ、空白部分が少し寂しい気がしたので、劇中に登場するセリフや名言を盛り込み、トランクスの下に敷く台紙を自作してみました。

台紙
自作した台紙

飾るモノに対して余白が出る場合、こんな感じで下地を作っても良いかと。

※タオルやハンカチを複数枚飾る場合は、一つを全面的に敷いて下地のように魅せながら、他のディスプレイをレイアウトしても綺麗ですね。

服を額縁(フレーム)に飾る手順

仕様が決まれば、実際にディスプレイを開始。

まず最初にフレームをバラし、中に入っていた厚紙に自作した台紙を貼ります。※今回は、両面テープを使って貼り付けました。

フレームの留め具を外す
フレームと台紙と止め板

両面テープで接着
台紙を貼り付ける

その際、立体的な部分(白色のフレーム内側)は固定されておらず、四辺に分かれるのでバランスを取って再度組み立て。

位置を決める
飾る衣類を整える

台紙との余白バランスを調整しながら、トランクスの固定位置を決めます。

※このタイミングで、衣類を綺麗に折りたたみ、最終的なディスプレイの形に仕上げておく。

ホッチキスで固定
ホッチキスで止める

衣類を固定する方法は幾つかあると思いますが、今回はオーソドックスにホッチキスを使って固定しました。※テープ系だと剥がれる可能性もあるので。

極力ダメージを抑えたかったので、フレームを縦にした際、下へズレ落ちてしまうような場所だけ、最低限の数で固定してあります。

最終確認し…
最終確認

組み立てて完成!!
フレームを合わせる

ディスプレイのバランス等、最終確認を行いフレームを閉じます。

台紙とフレームを向かい合わせに起こし、本を閉じる時のような感覚で組み立てると、固定した衣類がズレずに収まります。

服を入れて飾るディスプレイ・まとめ

今回はトランクスを飾りましたが、お子様が着ていたベビー服やハンカチ思い出の衣類など、こういった形でディスプレイすれば、お部屋や廊下・階段等のアクセントになって良いですよね。

作業自体は難しい工程が無く、唯一苦労したのが立体的な額縁(フレーム)を探す工程。

当初、「額縁 服」といったワードで検索しても結果が乏しく、「ボックスフレーム」「アートフレーム」などで調べると、意図した物が出てきました。

子供達に大好評!!
壁に飾る

仮面ライダーオーズ/OOO、ちょうど10周年を迎えましたし、部屋の中にお気に入りの物があるって良いですね~。

思い出の衣類は、大切に保管していても良いのですが、こうして目に触れる場所に飾るのも素敵だと思います!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「生活」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!



また、2月3日現在「ライフ」には「 91件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:『』|Posted By


『ライフ』の新着記事『生活』の人気記事『当ブログ』の新着記事
コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。