ボーズより辛い四十肩釣行!肩も上がらなければ腕も上がらない…

ボーズより辛い四十肩釣行!肩も上がらなければ釣りの腕も上がらない…

今回は、釣りに行って来たお話し。

本来であれば予定が入っていたものの、頑張ってGWを働いたご褒美に、奥様から「釣りでも行ってくれば?」と出撃許可が。

タイドグラフを見ると、ほぼほぼ潮止まりの状態でしたが、せっかくなのでババっと準備を済ませ、前回で味をしめたママチャリにて出発!!

やっぱり楽です!!
自転車釣行

着の身着のままといった感じで出てきたので、何を持ってきたのかすら分からない状態ですが、干潮・潮止まりで真昼間のドピーカン。

という事で、昨日までの雨によって、多少なりとも流れが期待できる堰堤周辺。久しぶりにオープンウォーターでは無く、狙いを定めて撃って遊んでみる事に。

※色々と風景写真を使っていますが、ボーズだったのでご容赦ください。

水質と合わせたVJ-16からスタート

ここ数日、結構な雨が降ったイメージがあったので、河川は泥濁りでカフェオレのようになっているかと思っていたものの、特に異常はなく平常運転。

雨後の増水といったアドバンテージはありませんが、どちらかと言えば笹濁りに近い状態で、水位以外のコンディションは良い雰囲気。

※少し前の投稿で「初夏の日差しは紫外線が強いから日焼け対策必須」と書いたのに、完全に忘れていたので日陰を選択した。なんて言う裏話もありますが…。

アルカリをチョイスして…
VJ-16

ミドキンから!!
水色と合わせる

現地の水質を見て、泥濁りしているようであればコントラスト重視で『シルエットブラックラメ』、通常であれば『ハゼドンコ』で行こうかと考えていましたが、緑がかった良い状態だったのでイワシゴールドを先発に。

まずは、落ち込みやショルダー部分を舐めるように通しますが、これといった反応は無く…。

久しぶりのU字ターン

一通りVJで探ってみるも無反応だったので、これだけ色濃く明暗が形成されているのであれば…。という事で、真昼間ながら橋脚周りを探る事に。

まずは、プレッシャーの低そうな物から投げて、橋脚の直前でU字ターン。やっている事は夜と同じですが、明るくて見やすいので楽しいですね。

久々のエンヴィや…
エンヴィ

サルディナも
サルディナ

その他にも、考えられるパターンを色々と試しながら、思い思いのスポットをテクニカルに撃っていくものの…。

メチャクチャ良いポジションに陣取る輩が居て、一番美味しいコースを引いてこれないっ!業を煮やし、一人で立ち向かおうかと思いましたが…。

さすがに無理や!!
ガードレールと石

ウィンクしてる場合ちゃうで!しかしっ!!

このブロックが邪魔で、ダウン側の護岸沿いは完全にコースが消滅。ラインを潜らせて何とかしようと思ったものの、万が一魚を掛けても擦れそうなので自粛。

ただ、色んなプラグを使う中、何度かキビレによるショートバイトが出ていたので、一人で悶絶しながら釣りを続行。

タイニー冷音で久しぶりの橋脚撃ち

フックアップは出来ないものの、魚自体は居るようなので、今度は橋脚の周囲を点で狙い、久しぶりの橋脚撃ちにチャレンジ。

手持ちに入っていたタイニー冷音のブリブリ動く穴を利用し、橋脚の際へキャスト。直後にラインを貼って、アクションを入れながら誘う。

タイニー冷音
冷音

久しぶりの釣りなので、ミスキャストもありましたが、ココしかない!と思う場所へ、吸い込まれるようにキャストが決まると気持ち良いですね!!

雰囲気抜群!!
橋脚狙い

これだけあっても、有効範囲が手前並びの二本程度なのが残念ですが、橋脚がらみの地形変化と影による強い明暗を絡めて遊びます。

そうこうしていると、橋脚のピンそば数センチに着水が成功し、直後にググンっと頭を振る感覚が!!

針掛りが浅い感触だったので、何とか丁寧にと思った瞬間フッとフックアウト。さすがに、これは声が出てしまいましたが、久しぶりにシーバス(であろう)反応を得る事が出来て大興奮でした。※この辺りで時間となり終了~。

ボーズより辛い四十肩釣行!まとめ

今回は、急遽釣りに行く事が決まり、財布やスマホを入れ替える程度で慌ただしく出てみましたが、あれだけ降った雨の影響も無さそうで意外な感じ。

半袖でも汗ばむ気候で、完全に初夏といった陽気のもと、魚からの反応があったりと、気持ちの良い時間を過ごす事ができました!!

のどかな一時!!
武庫川の風景

それよりも、それよりも…。

実は、先月中頃あたりから、右肩を動かすと痛みが走るようになり、最初は寝相の問題かと思っていたものの、一向に良くなる気配はなく…。

ここ数日は、腕を上げると肩関節周辺が突き指した時のような痛みに変わり、何もしていない時もジリジリと違和感や痛みがあったり。

今回の釣行も若干の不安を抱えていたところ、最初のキャストでうめき声が出る程の痛みが走り、以降フルキャストはせず、スリークォーターからサイド気味に投げていました。

帰宅してから色々と調べたところ、やはり『四十肩』の線が濃厚で、ひしひしと加齢を実感し始めました…(^^;)

今回は…
アーバンサイドカスタム

色々と思うところがあって、久しぶりにアーバンサイドカスタムを引っ張り出してみましたが、エキスパートモデルよりも投げやすい感覚がありました。

四十肩が落ち着くまで、しばらくはフルキャスト禁止の状態ですが、声が出るほど悔しかった掛けバラシ…。肩も上がらなければ腕も上がらないですっ!!(笑

兎にも角にも、良い季節なんで、これに懲りず時間ができれば遊びに行きたいと思います!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「釣行日記」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!



また、6月13日現在「シーバス釣り」には「 134件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:『』|Posted By


『シーバス釣り』の新着記事『釣行日記』の人気記事『当ブログ』の新着記事
コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。