WordPress6.0でエディタの自作タグボタンが使えなくなった件を解消

WordPress6.0でエディタの自作タグボタンが使えなくなった件を解消


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、WordPressのエディタについて。

先日、WordPress6.0へのアップデートが有り、いつも通り適用させたのですが、その直後からクラシックエディタに登録してあった自作のタグボタンが表示されなくなりました。

WordPressを弄り始めて十数年、ずっとクラシックエディタを使って来たので、ブロックエディタ(Gutenberg)はサッパリですし、何とかならない物かと…。

スッキリし過ぎ…
クラシックエディタ

Twitterのフォロワー『ラナ』さんにも色々と相談に乗って頂いたのですが、以前からクラシックエディタの廃止は噂になっていたし、そろそろ年貢の納め時かと諦めかけて数日…。

結果は変わらず、ブロックエディタの練習を始めなければダメかと思いましたが、奇跡的に解決する事が出来たので、取り急ぎシェアしておきます。

QTags.addButton再読み込みで復活!!

WordPress6.0へアップデートした直後、自作のタグボタンが無くなっているのに気付いたものの、解決策どころかボタン消失の報告も無く打つ手無し…。

それから数日後、ダメ元で色々と調べていると、同じ症状で困っている方が居るようで、なんと解決策を公開して下さっていました!!

要は、QTags.addButton自体は存在しているので、エディタの画面を再読み込みする事により、自作のタグボタンが復活するとの事。

早速…
追加したコード

javascriptの開始タグ直後に、上記のように…。

<script type=”text/javascript”>
if(window.addEventListener){
window.addEventListener(‘load’, function(){

自作タグボタンの内容をココに書く(QTags.addButton使用)
});
}
</script>

上記<>は半角英数字に変換。

といったコードを追加し、自作タグボタンの内容を書く。
すると…。

無事復活!!
自作タグボタンが復活

見事に表示され、今まで通り使えます!!

参考にさせて頂いたサイトによると、クラシックエディタの編集画面が開いた直後に、自作タグボタン部分を再度読み込みして表示させるという事のようです。

WordPress6.0でエディタの不具合・まとめ

WordPress6.0への何気ないアップデートから、解決策を求め堂々巡りの数日間でしたが、参考にさせて頂いた追記で無事解決する事が出来て、本当に助かりました!!

ブロックエディタはチンプンカンプンで、書き込んだコードを見てみると不要と思える物も勝手に追加されていたりと、これからどうしようかと悩んでいただけに、今まで通り使えるようになって一安心。

エディタがスッキリしたときは…
WordPress6.0でエディタの自作タグボタンが使えなくなった件を解消

どうしようかと思いました。

今後、クラシックエディタが使えなくなる可能性も考えると、早い段階でブロックエディタに慣れている方が良いのかも知れませんが、ベタベタ打っていくこのスタイルが一番落ち着きます。

兎にも角にも、WordPress6.0へのアップデートで起こった不具合は、この方法で解決する事ができました!

参考にさせて頂いたサイト様、本当にありがとうございます!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「WordPress」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!



また、7月1日現在「ガジェット」には「 65件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:『』|Posted By


『ガジェット』の新着記事『WordPress』の人気記事『当ブログ』の新着記事
コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。