鈴鹿サーキットホテルに宿泊!子連れレビューと設備!!

鈴鹿サーキットホテルに宿泊!子連れレビューと設備!!

シェアして頂けると嬉しいです!

今回は、鈴鹿サーキットホテルについて。

幼稚園の代休を利用して出掛けた、鈴鹿サーキットへの家族旅行の続編となりますが、到着初日は懐かしいマシンのデモンストレーションを観戦したり、遊園地(モートピア)のアトラクションに乗って楽しんだり、良い一日となりました。

今回で二度目となるリピート旅行だったものの、遊園地と国際サーキットが広いので、何回行っても楽しめるテーマパークですね!!

初日はデモ走行も満喫!!
NSR500のロスマンズカラー!!
鈴鹿サーキット旅行(二回目)シリーズ

  1. 鈴鹿サーキットへ家族旅行!遊園地とイベント観戦!!

前年に続き、「鈴鹿サーキットホテル」に宿泊させましたが、宿泊者専用ゲートを使えば遊園地(モートピア)へのアクセスは抜群!!

更には、お子様への配慮が手厚く、チビッコ達の喜ぶ工夫が沢山あるので、家族連れで利用するにはイチオシのホテルとなっています。今回は、宿泊体験記をベースにしつつ、鈴鹿サーキットホテルについて紹介してみたいと思います。

鈴鹿サーキットホテルのフロントと駐車場について

鈴鹿サーキットの駐車ゲートにて料金を払い、スタッフさんの指示通りに進むと、見えてくるのがホテルの受付・フロントがある花に囲まれた建物。

その前のロータリーに、ちょっとした停車スペースがあるので、車はそこで待機しておき、フロントにて宿泊のチェックインや駐車位置の確認を行います。

鈴鹿サーキットホテル
鈴鹿サーキットホテルのロータリー

ホテル(フロント)の入り口
鈴鹿サーキットホテルの入り口

ホテルのロータリー
ホテルのロータリー

鈴鹿サーキットホテルの部屋は、「West館」「East館」「North館」「Main館」と特徴の違う4つの建物に分かれており、乳児から幼児は「West館・East館」、小学生なら「North館」、大人だけなら「Main館」あたりがオススメかと。

宿泊するイースト館

前回の鈴鹿サーキット旅行では、キッズ&ベビーに優しい「ウエスト館・コチラ ファミリールーム」に宿泊したので、今回は子供達が喜びそうな「イースト館・サーキット キッズルーム」をチョイス。

ウエスト館の時は、フロントから駐車場までの距離がありましたが、イースト館はフロントの目の前、ロータリーの反対側にある建物でした。

宿泊するイースト館
宿泊するイースト館

イースト館 サーキット キッズルーム
イースト館 サーキット キッズルーム

立地的にフロントの目の前という事も有り、お風呂やレストラン・遊園地までのアクセスは一番といった感じ。

ウエスト館のファミリールームと比べ、大きく異なる点は殆ど無いので、それぞれの施設へのアクセスを考えると、イースト館を利用される方が便利かも知れませんね。

駐車場とループバス

今回のイースト館を利用する場合、駐車場はイースト館の裏側(横)となっており、宿泊する部屋から車へのアクセスも容易に出来ます。

※下記写真の一枚目、左側にある木々の隣がイースト館です。各館共に駐車場までは近いものの、イースト館は便利な場所にありますね。

イースト館の駐車場
鈴鹿サーキットホテルの駐車場

結構広いです!
鈴鹿サーキットホテルの駐車場

ループバス
鈴鹿サーキットホテル

ホテルエリア内は、ループバスが運行(7:30~22:00)しているので、各施設(レストラン・遊園地など)へ移動の際は利用されると便利かと。※ループバスの乗り場は各棟の入口前にあり、内線60番で呼ぶ事が可能との事。

【宿泊者専用】モートピア(遊園地)のホテルゲート!!

鈴鹿サーキットホテルに宿泊される場合、遊園地(モートピア)への入場は通常のメインゲートからでは無く、宿泊者専用の入場ゲートから入る事が出来ます。

フロントのある建物を抜け、木々が並ぶ中庭を遊園地の方へ進むと、レンガで作られた受付と緑色の看板が目印の宿泊者専用ゲートがあります。

フロントの建物を抜けると…
遊園地のホテルゲートへ

遊園地とレストランへの分かれ道
遊園地とレストランの分かれ道

マシンの展示も有りました!!
F1マシンと紅葉

ホテルゲート
ホテルゲートからモートピアへ

フロントの建物から、子供の足でも5分程度で到着します。

今回の遊園地は、パスポート2日券付の宿泊プランにて予約してあったので、こちらにあるホテルゲートのチケットブースにて手続きを行い入場します。

イースト館『サーキット・キッズルーム』について

閉園まで遊んでから、宿泊するイースト館の部屋へ向かったので、いつの間にやら辺りは真っ暗になってしまいましたが…。

フロントの前にある建物なので分かりやすいですね。※昨年「ウエスト館」に宿泊した際、何度か迷子になったのはココだけの話…(^_^;)

イースト館のエントランス
イースト館のエントランス

ボーリング場の案内
ボーリングの案内

クリスマスツリー!!
クリスマスツリー!!

テーブル&ソファー
テーブルやソファーも面白い!

エントランスは、青を基調にしたチェック柄になっていて、テーブルやソファーが工具とボルトになっていたりと遊び心がありますね。

クリスマスシーズンという事もあり、エントランスにはツリーが飾られていました。※ウエスト館の隣にあるボーリング場の案内なんかもありました。

廊下を進んで…
宿泊する部屋へ

部屋に到着!!
カードキーを差し込む

子供用のスリッパ
客室入り口には子供用のスリッパ

イースト館 サーキット キッズルーム
イースト館 サーキット キッズルーム

カードキーを使ってドアを開けると、子供達の喜びそうな部屋がお出迎え!!※余談ですが、各館に入るエントランスや、お風呂の受付にカードキーが必要となるので、随時持っていた方が便利です。

ファミリールームは赤色が基調でしたが、キッズルームは青がベースになっているので、多少お兄ちゃんになった印象を受けますね。

洗面・トイレ・室内風呂
洗面・トイレ・室内風呂

浴槽
浴槽

お茶
お茶

銘菓
銘菓

ベッドには工具も!
ベッドには工具も!

タイヤのテーブル
タイヤのテーブル

部屋の中を一通り見渡してみたところ、ファミリールームとの大きな違いは無く、子供達が楽しめそうな仕掛けだったり、安全面での配慮も施されていました。

コンセントにはカバー!
コンセントにはカバーがしてあります

ピュアウォーターも!!
ピュアウォーター

定番のarau
子供用もあります!

子供用のコップ
お持ち帰り出来る子供用のコップ

アメニティ
アメニティ

写真にある「子供用のコップ」は持ち帰る事ができるので、自宅のコップとして子供達が愛用しています。※その時の部屋やタイミングによってコップのカラーが変わるので、リピートしてコレクションにする楽しみもあったり…。

子供の楽しみと言えば…
シルエットを探す絵

部屋に飾られている大きな絵!!

詳細は後で書きますが、この中に「コチラ(遊園地のキャラクター)」のシルエットが隠れており、いくつあるかを数えて正解すると、フロントにて「プッチコイン」をもらう事が出来ます。

信号の椅子
信号の椅子

快適に座れます!
快適に座れます!

タイヤをモチーフにしたベッドで…
タイヤをモチーフにしたベッド

記念にパシャリ!!
記念撮影!!

デモ走行を見てから、日暮れまで遊んでいたので疲れた顔になっていますが、この後は直ぐに夕食のバイキングへ出発!!

上記以外にも、洗面台の前には子供用の踏み台があったり、空気清浄機が設置されていたりと、お部屋の居心地は快適です!!(^^ゞ

景品と交換できる『プッチコイン』について

レストランを紹介する前に、前項にて軽く触れた「プッチコイン」について書いておきます。鈴鹿サーキットホテルやモートピア(遊園地)で入手できるプッチコインを集めると、遊園地の売店にて様々なアイテムと交換する事が可能です。

プッチコイン
プッチコイン

例えば、ホテルの食事を残さず全部食べた場合、スタッフさんに声をかけると、ご褒美にプッチコインをプレゼントしてもらえたり…。

完食でプッチコインが貰えます!
完食でプッチコインが貰えます!

はたまた、前項でも書いた通り、部屋に飾られている絵の中にいる「コチラ」の数を正解すると、フロントにてプッチコインをもらえたり…。

コチラを探す!!
シルエットを見つけてプッチコインをゲット

フロントでプッチコインをゲット!!
ロビーでプッチコインをゲット!!

色んな局面でプレゼントされるプッチコイン。

交換できるアイテムは、お菓子などが中心となっていますが…。子供達からすれば、色んな事にチャレンジして、そのご褒美として入手できる事自体が楽しいのだと思います。※集め始めると、意外と夢中になったりしますよ~!!

ビュッフェ形式の食事『そら、たべよ』について

鈴鹿サーキットホテルには、ナチュラルビュッフェ「そら、たべよ」、グリル&バー「SHUN」、オーガニックカフェ「Sunpo」といった3つのレストランがあるので、それぞれのニーズに合った場所を予約すれば良いかと。

小さな子ども連れですし、ビュッフェ形式で色んな料理を食べられる楽しみもあるので、前回も今回も我が家は「そら、たべよ」をチョイスしました。

ライトアップされた中庭のマシン
ライトアップされたF1マシン

レストランのある建物・S-PLAZAへ
レストランのある建物・S-PLAZAへ

ナチュラルビュッフェ・そら、たべよ
ナチュラルビュッフェ・そら、たべよ

子供用の手洗いが嬉しい!
子供用の手洗いが嬉しい!

宿泊するイースト館からフロントの建物を抜け、レストランの建物「S-PLAZA」方面へ歩くと、5分程で「そら、たべよ」到着!

清潔感のある店内へ入ると、子供用に作られた背の低い手洗いがあったり、テーブルには幼児椅子がセットされていたりと、子連れへ向けた配慮が嬉しいですね!!

ナチュラルビュッフェ『そら、たべよ』での夕食

二年連続で利用させて頂いた、本格「和」「洋」「中」が揃うビュッフェレストラン『そら、たべよ』ですが…。実は、今まで旅行に出掛けた中で、一番美味しいのでは?と思えるほど気に入っています!!

夕食スタート!!
スープ

和食
和食

イタリアン
イタリアン

お寿司(作りたてコーナー)
お寿司

伊勢うどん最高!!
美味しい料理が沢山!!

どの料理を食べても、本当に美味しいです!!(*^^*)

夕食にはガッツリ系の料理がズラリと並び、アレやコレやと全部食べたくなってしまいます。また、テーブル間隔や混雑具合も違和感が無いので、気分良く「選ぶ」「取る」「食べる」をループする事が出来るのも良いですね!!

洋食
洋食

サラダ
サラダ

デザート
ビュッフェスタイル

プッチコインをゲット!!
プッチコインをゲット!!

美味しい料理ばかりで、子供達も大喜び!!

全ての料理を食べ終わった後、近くに居るスタッフさんに声を掛けると、ご褒美のプッチコインを入手!満腹になったお腹をリセットして、もう一度食べ始めたいと思えるほどの満足感でした!!(^_^;)

朝食の特典について

翌朝の朝食も、昨晩と同様でビュッフェレストラン「そら、たべよ」にて頂きますが、レストランが開店した直後(7:30~8:00までだったかな?要確認)に入店すると、お子様向けのプレゼントが貰えます!!

食事をするS-PLAZAへ
食事をするS-PLAZAへ

遊園地のゲートが見えます!
遊園地のゲートが見えます!

中庭のマシン
F1マシン

我が家の子供達は、プレゼント目当てに早起きしたようなので、早朝の澄んだ空気を楽しみながら朝食へ。

レストランに到着
お花も綺麗!!

プレゼントをゲット!!
早朝はプレゼント付き!!

レストランで受付を済ませると、着席の前にF1マシンの玩具を頂きました!

こういったサービスがあると、寝る前は「プレゼントがもらえるから早く寝ようね!」、起こす時は「プレゼントもらいに行こう!!」なんていう感じで言い聞かせが出来て良いですね!!※朝食を早く食べ終われば、余裕を持って準備も出来ますし…(^_^;)

ナチュラルビュッフェ『そら、たべよ』での朝食

夕食と同様、様々な料理が並んでいる「そら、たべよ」の朝食ビュッフェですが、ご飯や味噌汁といった和食派の方、卵にベーコン&トーストといった洋食派の方も楽しめるラインナップになっています。

そら、たべよの朝食
そら、たべよの朝食

パンも美味!!
そら、たべよで朝食

和食コーナー
和食

フレッシュ・ジュース
フレッシュ・ジュース

早めに来店したので、店内も比較的空いていて選びやすい。

パンは何度もおかわりに行ってしまうほど美味しく、色んな料理を少しずつ頂きましたが、はやり個人的なオススメとしてはコレ!!

作りたてコーナー
作りたてコーナー

作りたてオムレツ!!
作りたてオムレツ

コックさんが目の前で作ってくれる、出来たてトロフワのオムレツ!三種類ほどからソースも選べますし、一口食べればトロけてしまいそう!!

子供達には、オムレツを作っている間の調理を見せる事が出来ますし、食べても美味しいという一石二鳥ですね!!(笑

沢山食べて…
大好きな納豆もあります!

プッチコインをゲット!!
プッチコインをゲット!

店内が混雑してきた頃に食べ終わり、昨晩に続きプッチコインをもらいました!

先ほど紹介した「作りたてオムレツ」をはじめ、和食も洋食もデザートも美味しい料理が揃っているので、朝から動くのも嫌になるほどの満腹状態に大満足!!

天然温泉『クア・ガーデン』について

遊園地やサーキットで遊んだ後は、天然温泉に浸かって一日の疲れを癒せるのも、鈴鹿サーキットホテルの良いところですね!!

今回宿泊した「イースト館」と、天然温泉「クア・ガーデン」は道路を挟んだ位置にあるので、冬場でも湯冷めする事無く戻って来れます。

左がクア・ガーデン / 右がイースト館
イースト館とクア・ガーデン

クア・ガーデン!!
クア・ガーデン

エントランス
クア・ガーデンのエントランス

下駄箱に靴を入れた後は、受付カウンターにて部屋のカードキーを提示し、お風呂セット(タオルとバスタオル)を受け取ります。

男湯
クア・ガーデン

お風呂は、「大浴場」「露天風呂」「サウナ」といった構成になっていて、しっかりと一日の疲れを癒やす事が出来ます。

また、同じ場所には温水プールも併設されているので、浮き輪と水着があればプール遊びも可能。※前年に訪れた際、初日は土砂降りだったのでプールで遊んでました。

リラックスルーム
クア・ガーデンのリラックスルーム

お風呂上がり!!
お風呂上がりの待ち合わせ場所に!

キッズスペースも!!
キッズスペース

受付の横には、飲み物・軽食の自動販売機やマッサージチェアなどが設置されている「リラックスルーム」があるので、風呂上がりの待ち合わせ場所に最適です!!

また、宿泊当日は勿論、翌日も利用する事が出来るので、遊園地で遊んだ後はクア・ガーデンにてお風呂に入ってから、鈴鹿を出発するのが我が家の定番となっています。※帰りの高速で子供達が眠るので、自宅に戻れば布団に直行出来て良いですよ~。

鈴鹿サーキットの記念撮影スポットについて

ホテルのフロントとなっている建物の中には、それぞれの季節に合わせた記念撮影のパネルや、国際サーキットを走るアトラクション「サーキットチャレンジャー」で使われているカートが設置されていたりと、写真撮影のスポットがあります。

クリスマスの撮影パネル
クリスマスの撮影パネル

サンタの衣装でパシャリっ!!
サンタの衣装でパシャリっ!!

衣装も選べます
衣装も選べます

サーキットチャレンジャーのカートの背景には、国際サーキットのホームストレートが飾られていたり。カートを見つけた子供達は大興奮です…(^_^;)

サーキットチャレンジャーのカート
フロントにあるサーキットチャレンジャーの車

次男君もご機嫌!!
次男君もご機嫌!!

記念にパシャリ!!
サーキットチャレンジャーのマシンに乗って

撮影スポットは、フロントの受付カウンター横に設置されているため、チェックイン・チェックアウト時は混雑するので、ちょっとした空き時間やご飯を食べた帰りなど、空いているタイミングで撮影するのがオススメです!!(^^ゞ

ホテルガーデンのイルミネーションについて

鈴鹿サーキットのホテルに宿泊すると、個人的に楽しみにしているのが、綺麗に飾り付けされた中庭のイルミネーション。

遊園地から中庭へ向かうと、色づいた木々がライトアップされ、歩く速度を緩めてノンビリ眺めながら部屋へ向かったり。

ホテルの部屋へ向け出発
ホテルの部屋へ

夜のホテルゲート
夜のホテルゲート

また、通常であれば早めに消灯してしまいそうなイルミネーションですが、お風呂が閉まる午前0時頃まで綺麗にライトアップされています。

夜のホテルガーデン
夜のホテルガーデン

イルミネーション
ホテルガーデンのイルミネーション

綺麗です!!
ホテルガーデンのイルミネーション

夜も遅くなった頃、静まった中庭をトボトボ歩きながら、ライトアップされた風景を眺める。この一時がたまらなく好きです!!

ライトアップされた中庭
ライトアップされた中庭

教会周辺
ホテルガーデン

教会もライトアップ
教会もライトアップされています

綺麗なイルミネーション!!
綺麗なイルミネーション!!

皆が寝静まった頃、一人でイルミネーション見ながら歩いていると、時間の流れが遅くなったような気がしてリラックスできます!!

コチラレーシング・イルミネーション

今回、宿泊したのがクリスマス前という事もあり、「モータースポーツ」とのコラボをテーマにしたイルミネーションが施され、中庭にLEDで装飾されたF1マシンが設置されていました!!

明るい時間帯
格好良いマシン!!

ライトアップ
F1マシンもライトアップ

カッコいい!!
F1マシンもライトアップ

色が変わります!!
色が変わります!!

幻想的ですね…
綺麗なライトアップ!!

記念にパシャリ!!
記念撮影!!

このF1マシンは、レストランの手前に設置されていたので、食後のタイミングだと撮影を待つ人も多く混雑していました。こういったイルミネーションがあると、見ているだけでワクワクしますね!!(^^ゞ

鈴鹿サーキットホテルに宿泊!まとめ

今回は、二度目の宿泊となった「鈴鹿サーキットホテル」について書き出してみましたが、子供連れで訪れるのであれば、本当にオススメできるホテルです!!

部屋の中には、コンセントのキャップや手洗いの踏み台など幼児に向けた配慮があったり、子供が退屈がらないようシルエットを探す絵があったり。

サーキット キッズルーム
サーキット キッズルーム

ホテルやモートピアで「プッチコイン」を集めるのも楽しく、翌朝のレストランで玩具のプレゼント(7:30~8:00まで)があるのも良いですね。※食事が遅れると、慌ただしく準備する事になるので、こういったキッカケがあると助かります。

教会&レストラン方面
教会

ホテルゲート
ホテルゲートは閉まっています

宿泊者特典として、他のテーマパークのような「アーリーエントリー」は無かったと思いますが、サッとアクセス出来る距離にホテルゲートがあるのも嬉しいところ!!

クリスマスムード!!
クリスマスムード!!

鈴鹿サーキットホテル
夜も綺麗なライトアップ

宿泊する館によって、フロント・レストラン・天然温泉といった施設までの距離が変わりますが、幼児であれば今回泊まった「イースト館」が便利かと。※車が大好きなお子様の場合、「ノース館」を選択すると喜ばれるようですね。

ちなみに、大人の目線で選んだオススメポイントは、なんと言ってもビュッフェでの食事、天然温泉に浸かった後のマッサージチェア、ホテルガーデンのイルミネーション。といった感じかと。

兎にも角にも、色んな仕掛けがあるので子供が退屈がる事は無いですし、何度でもリピートしたいと思える素敵なホテルです!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!今回の投稿と同じ「子供と家族旅行」カテゴリーに含まれている前後記事は、下記のラインナップとなっておりますので、お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

子供と家族旅行』の前後記事

また、このカテゴリーが含まれている「育児&遊び場」には「 21件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。※投稿数は7月17日現在のカウントです。

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『育児&遊び場』の新着記事

『子供と家族旅行』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    2018年6月17日 9:21 pm

    ホントに、子供の安全面や、小さい子連れの家族のための配慮が素晴らしいですね!

    ※特に工具や車をモチーフにした部屋の内装や「プッチコイン」システムは男の子の大好物でしょうね!

    MACOさんのお出かけ先チョイスが素敵すぎます!

    毎度のことながら、写真がきれい&たくさんで、説明もわかりやすくて、参考になります。

    産休が明けて復帰した奥さんと、自分が休みが全く合わなくなってしまったんですが、なんとか時間作ってでも、鈴鹿に旅行に行きたくなりました。

    ウチの子も、すでに車のおもちゃが大好きなんで、絶対によろこぶはず!

    • comment-user
      MACO
      2018年6月18日 3:07 am

      毎度です!!(^^ゞ

      ここに書き切れなかった以外にも、色んな配慮があるので、子連れで過ごしやすいホテル&テーマパークになってると思いますよ~!!

      参考まで↓
      『お子様・幼児向け情報』
      http://www.suzukacircuit.jp/hotel/service/05.html

      プッチコインは、前回と今回の分を合わせても、欲しい景品までには若干足りなかったので、次回行った時に交換予定です。こういった仕掛け、親子で楽しめますよ~!!

      実際に、自分が親になって旅行に行くまでは気にならなかった事も、子供目線で何が楽しめるのかを考えるようになるので難しいですよね~!!

      我が家も共働きですが、この旅行のように、幼稚園のイベントや行事の代休を使って出掛ける事が多かったですよ~!!※今年から、幼稚園&小学校なので、なかなかスケジュールが合わず、夏休み待ちになると思いますが…(^^;)

      鈴鹿サーキットは子供も楽しめますし、ビュッフェレストランの食事が美味しく、風呂上がりのマッサージチェアーは最高!!(笑

      西宮からでも遠くに感じない距離感なので、アクセスもしやすいかと思います!!

      遊園地のアトラクションをチェックして、身長や年齢などをクリアして、お子様の乗れる物がチラホラあれば、かなりオススメの旅行先です!!(^^ゞ

      ※日帰りで行ける距離ですが、子供が小さいうちは、この距離感で泊まってしまった方が楽ですよ~。毎年行ってるプール「ラグナシア」は、鈴鹿から1~2時間かかりますが、結構走った感が出てきますし、子供も少しだけ退屈がります…(^^;)

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※7月17日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。