自転車のチェーンを簡単洗浄!ParkToolで油汚れも綺麗サッパリ!!

自転車のチェーンを簡単洗浄!ParkToolで油汚れも綺麗サッパリ!!

今回は、自転車のチェーン洗浄のお話。

引っ越しのドサクサに紛れ、クロスバイクを購入したので、今の自転車に乗り始めてちょうど一年が経過します。

色んなシーンで活躍してくれているクロスバイクですが、常々「やらねば…」と思いつつ、時間だけが過ぎていた作業が…。

これ!!
チェーン汚れ拡大画像

チェーンの洗浄!!

実は、購入店で「一ヶ月に一回程度の頻度でチェーンを洗浄して下さい」と言われていたものの、なかなか実行に移す時間が取れず放置状態…。

ただ、そろそろ動かねばと思い、一年の区切りを前に、重い腰を上げチェーンを洗浄してみました!!今回は、『パークツール(ParkTool)』の『チェーンギャング』を使った工程を書いてみます。

チェーン洗浄のパークツール(ParkTool)について

クロスバイクに乗り始めた後、チェーン洗浄用に「ParkTool・チェーンギャング」という商品を購入してありました。

この商品を選んだ理由としては、公式サイトに施工内容と手順が丁寧に解説されており、動画の掲載も有り分かりやすかったので。

解説動画

上記の動画を見て頂ければ分かりますが、「サイクロン」と呼ばれるケースでチェーンを挟み込み、洗浄液を入れてクルクル回すといったアイテム。

チェーンギャング
パークツール(ParkTool)

セット内容
パークツール(ParkTool)のセット内容

同梱されているのは、サイクロン(ケース)・バイオチェーンブライト(洗浄液)・ギアクリーンブラシの三点です。

パークツール(ParkTool)
チェーンやフリーホイール・チェーンリング等、ドライブトレインシステムの洗浄を、簡単に素早く行うためのツールをセットにしました。

定価は税込6,156円(執筆現在)となっていますが、楽天で確認すると4000~5000円から販売されていますね。

チェーンギャングを使った洗浄方法

動画を見れば、今回利用した「パークツール・チェーンギャング」の使用方法も分かりますが、自分なりに手順をまとめておこうと思います。

まず最初に、作業中は洗浄液が飛ぶ可能性があるので、自転車の下にダンボールなどを敷いて、地面を汚さないように保護します。

ダンボールOK!!
ドロドロに汚れた自転車のチェーン

次に、サイクロンの留め具を解除し、チェーンを挟み込んでから、再度留め具を戻しセットします。※取手は最初に装備しておく。

※玄関先でゴソゴソやってると、長男君が学校から帰って来たので、本人の希望により作業を手伝ってもらいました。

サイクロンを挟む!!
パークツールをセット

カバーを閉める
パークツールの蓋を閉める

サイクロンのセットが完了すれば、カバー上部に空いている穴から、専用の洗浄液・バイオチェーンブライトを流し入れます。

バイオチェーンブライトを規定のラインまで入れた後は、ゆっくりとペダルを逆回転させながら、チェーンを洗浄していきます。

バイオチェーンブライトを入れる
洗浄液を流し入れる

チェーンを空回りさせる
チェーンを空回りさせる

真っ黒!!
洗浄液は黒くなる

ペダルの逆回転を始めると、みるみるうちに洗浄液が黒くなり、汚れが落ちているのを実感する事が出来ます。

※空回りのリズムと感覚を掴むまでは、洗浄液がポタポタと垂れてしまいました。ゆっくり回せば、それほど汚れないかと…。

簡単に汚れが落ちます
チェーンの汚れがあっという間に落ちる

ダスターで拭き上げ
ダスターで拭き上げ

使用済み洗浄液
墨汁のようになった洗浄液

チェーンに付着した、真っ黒な洗浄液をダスターで拭き取ると、ピッカピカに輝く銀色のチェーンがお目見え!!

洗浄液は、ビニール袋の中に入れた紙に染み込ませ、そのまま燃えるゴミとして廃棄。チェーンが綺麗になったので…。

スプロケも…
チェーンがピッカピカに!!

ピッカピカに!!
ギアの汚れも落とす

少しだけ洗浄液を浸した、付属の「ギアクリーンブラシ」を使って、砂や油脂分をゴシゴシ落とすと綺麗になりました!!

作業時間は5分程度でしたが、ここまで綺麗になるとは…。こんなに簡単なのであれば、もっと早くやっておけば良かったです…。

チェーンオイルを注油する

一応、チェーンギャングを買った際、シマノのオイルも購入してあったので、チェーンの汚れを落とした後はオイルを注油。

ウェット(WET LUBE)とドライ(PTFE LUBE)タイプ、二種類のオイルから、今回はウェットタイプを選んでみました。

シマノのオイル
チェーンに注油

ウェットタイプ(WET LUBE)を選択
ウェットタイプを選択

注油をしながら余剰分を拭き取り、軽く回して作業完了。

せっかくなので、洗浄液を拭き取ったダスターで、フレームに飛び散ったオイルや泥なども拭き上げ、乾拭きをして仕上げておきました。

フレームもピカピカ
フレームも綺麗に拭き上げ

タイヤもピカピカ
タイヤも拭き上げ

ササっと洗います
パークツールの洗浄

自転車が綺麗になった後は…。

最後に、ペーパーで拭き上げた使用後のサイクロンセットを、中性洗剤で洗ってから干してあげれば片付けも完了!!

チェーン洗浄とオイルの注油後の変化について

この作業から数日後、幼稚園のお迎えのため自転車に乗ってみましたが、乗り出し直後からハッキリと分かる滑らか感!!

釣り具で例えれば、ステラを巻いているようなシルキー感というか、吸い付くように馴染んでいるというか…。

洗浄して良かった!!
メンテナンス完了!!

正直なところ、チェーンの洗浄と注油で、ここまで滑らかになるとは思っていませんでした。※主に注油の効果かと思いますが…。

こんなにペダルを漕ぐ感触が変わるのであれば、面倒がらずもっと早くからチャレンジしておけばよかった…。

自転車のチェーンを簡単洗浄!まとめ

今回は、なかなか実行する機会が無かった、自転車のチェーン洗浄を行ってみたところ、思っていたよりも簡単で、綺麗に汚れも落ちて気持ち良かったです!!

普段から小マメにやるのであれば、クリーナーを使った拭き取り程度で良いとの事ですが、思い切ってParkToolのチェーンギャングを使って正解でした。

これを拭き取るのが気持ち良い!!
ピカピカのチェーン

前項でも書きましたが、チェーンの洗浄が終わりオイルを注油するだけで、こんなにも乗り心地が変わるとは…。

今までよりも滑らかになり、自転車に乗るのが一層楽しくなりました。

自転車に乗る頻度にもよるかと思いますが、これからは一ヶ月に一回のメンテナンスを目指して、ボチボチ頑張ってみようかと思います!!(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

今回の投稿と同じ「生活」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!

生活』の前後記事

また、12月8日現在「ライフ」には「 27件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

自転車のチェーンを簡単洗浄!ParkToolで油汚れも綺麗サッパリ!!
この記事が気に入ったら
『いいね!』&『フォロー』




シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
タグ:「」 | Posted By

『ライフ』の新着記事

『生活』の人気記事

『当ブログ』の新着記事

コメント
お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
書き込んだコメント内容は、管理者の認証を受けた後にブログへ表示されます。
--- Follow --- カテゴリー
オーシャントリッパーズへのリンク
シェアランキング
※12月8日現在、当ブログにある記事の中から、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。